スターウォーズ動画 エピソード3を無料視聴 字幕吹き替えあり!

「スターウォーズ」シリーズ6作目にして、新三部作から旧三部作への重要なブリッジ。

『スターウォーズ エピソード3/シスの復讐』の動画を無料でチェック!

さらにエピソード1・2・3の新三部作(プリクエル・トリロジー)もまとめて無料でフル視聴できる方法をご紹介します。

日本語字幕・吹き替えあわせて配信中!

 

 

※12/8 追記

最新作「スターウォーズ/最後のジェダイ」公開記念!

動画配信サービス【Hulu】で6週間限定「スターウォーズ」シリーズ、エピソード1~6見放題配信が開始されました。

12月15日から「フォースの覚醒」も1週間限定で配信開始!

 

今、みるならこちらがオススメです。

⇒【Hulu】2週間無料トライアルはこちらをクリック!!

 

「スターウォーズ エピソード3/シスの復讐」の動画を無料でみるなら…

ツタヤが運営する動画配信サービス【TSUTAYA TV】の無料おためしキャンペーンがおすすめ!

映画「スターウォーズ」シリーズが一挙配信中です。

 

⇒【ツタヤ】30日間無料トライアルはこちらをクリック!

 

【TSUTAYA TV】ではただいま無料お試しキャンペーンを実施中!

いま【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく3つの特典がプレゼントされます。

その特典とは、

・30日間無料で動画が見放題!(新作などは対象外)
・新作・人気作が視聴可能な1,080円分の無料ポイント
・CD/DVDレンタルも無料!(最新作は対象外・8枚/月)

。。。というもの。

 

「スターウォーズ」シリーズは人気作品ですので、通常は1作品につき324~432円(税込み)からのレンタル料金が必要です。

しかし、特典としてもらえる1,080円分の無料ポイントを利用することで、エピソード123(各324円~)も3作まとめて実質無料で視聴できます。

 

【TSUTAYA TV】ではその他「スターウォーズ」を一挙動画配信中!

-【TSUTAYA TV】で配信されている「スターウォーズ」シリーズ-

・『スターウォーズ:エピソード4/新たなる希望』(1977)
・『スターウォーズ:エピソード5/帝国の逆襲』(1980)
・『スターウォーズ:エピソード6/ジェダイの帰還』(1983)

・『スターウォーズ:エピソード1/ファントム・メナス』(1999)
・『スターウォーズ:エピソード2/クローンの攻撃』(2002)
・『スターウォーズ:エピソード3/シスの復讐』(2005)

・『スターウォーズ/フォースの覚醒』(2015)
・『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)
※日本語字幕・吹き替えともに配信中!!

また、スターウォーズシリーズの生みの親、ジョージ・ルーカス監督が原案・製作総指揮をつとめたCGアニメ「スターウォーズ:クローン・ウォーズ」や、エピソード3と4の間のストーリー「スター・ウォーズ:反逆者たち」も好評配信中です。

 

 

U-NEXTでも配信中!

動画配信サービス【U-NEXT】でも、「スターウォーズ」シリーズを一挙配信中です。

しかし、無料視聴できるのは1作品のみになります。

 

⇒【U-NEXT】31日間無料トライアルはこちらをクリック!!

 

【U-NEXT】でも、ただいま無料お試しキャンペーンを実施中!

いま【U-NEXT】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく2つの特典がプレゼントされます。

その特典とは、

特典1:31日間無料で見放題!(新作などは対象外)
特典2:新作などが視聴可能な600円分の無料ポイント

。。。というもの。

 

「スターウォーズ」シリーズは1作品につき\378~\432で配信中です。

 

 

以上、『スターウォーズ動画 エピソード3を無料視聴 字幕吹き替えあり!』。。。でした。

 

 

⇒【TSUTAYA TV】でスターウォーズを無料視聴する!

 

本ページの情報は2017年12月時点の情報となります。

最新の情報は、【TSUTAYA TV】【U-NEXT】の 本体サイトにてご確認下さい。

 

 

 

映画「スターウォーズ エピソード3/シスの復讐」の感想(ネタバレ注意)


映画スターウォーズシリーズ第6作、「スターウォーズ エピソード3/シスの復讐」はスターウォーズ映画シリーズの最高傑作といっても過言ではないと評価しております。

その理由としてはライトセーバーでの対人戦においての対戦カードが非常に興味深いものとなっているからです。

さすがシリーズの集大成ですからね。

正義の思想を持ったジェダイのマスターの中でも最強のフォースを持つヨーダ、最強クラスの剣術ジュヨーから派生したライトセイバーの最強剣術ヴァーパットを唯一扱えるジェダイ剣撃最強のメイス、ぶら下がりの名手オビワン(さらに奥の手を隠し持っている模様)、主人公のアナキン、前作最強のドュークー伯爵、遂に正体を現すシスの暗黒卿、これらが一挙激突するわけです。

想像するだけでわくわくしますよね。

以下はネタバレを含みます。

結局最も好きな戦闘シーンはオビワン対アナキンの戦いでした。

ここまで高度なフラグの駆け引きを行った戦闘シーンは今までなかったのではないでしょうか?

オビワンの地の利を使った戦法にはだれもが驚かされたでしょう。
「地の利を得たぞ!」って感じですね^^

当時劇場で鑑賞した時は、はやい展開と、見どころ溢れるアクションシーンの連続によって、あれよあれよとあっという間にエンディングになってしまった感じだったんですが、このたび見返してみると、落ち着いてみたれました。

いとも簡単にダークサイドに落ちてしまうアナキンだとか、ジェダイにくらべ圧倒的に強いアナキンだとか…ダースベイダー誕生の物語としてとても楽しめました。

以上映画「スターウォーズ3/シスの復讐」の評価でした。


「スターウォーズ エピソード3/シスの復讐」はスターウォーズシリーズの中でも、かなり評価の高い作品だと思います。

エピソード3が一番好きだという方も多くいますね。

その理由で出てくるのが戦闘シーンのカッコよさです。ドゥークー伯爵との戦闘、ヨーダとダース・シディアスのトップレベルの戦い、そしてアナキン・スカイウォーカーとオビワン・ケノービとの戦いなど戦闘シーンが多く、どのシーンも迫力があります。

どのシーンもスターウォーズシリーズの中でも名シーンとうたわれるものです。

この作品はは全体的にダークな雰囲気の映画なのですが、そういった部分もふくめて楽しめました。

エピソード1とエピソード2がそこまで暗い雰囲気では無かったので、やっとスターウォーズらしさが出たという感じもしました。

スターウォーズはエピソード4から続く3部作が先に公開されているため、見る前からエピソード3の結末は分かっていました。

しかし結末が分かっているからこそ感情移入できる部分もあり、ついつい前のめりに見入ってしまいます。

エピソード4から始まってルークが主人公のようなシリーズでしたが、もうこれはダースベイダーの物語です。

選ばれし者が最後に「シスの暗黒卿」を倒す、長い長いスペース・オペラなのだと理解できました。

最後の最後に数々のパズルがぴたっとはまった気分です。

このシリーズに情熱をかけたルーカスが作り上げた、映画史に残る傑作だとおもいます。


「スターウォーズ/シスの復讐」、主人公が暗黒面に取り込まれる危険が増えるために禁止されているご法度の恋愛と恋愛により自分の子供ができて、そのため暗黒面に取りこまれて、最終的には守ろうとした愛する女性を自分で手にかけて殺してしまった事への葛藤シーンがひとつの見所だとおもいます。

なぜ恋愛を禁止されているのかが、解りやすかった事とそれを破ってしまう人間的な弱さが出ているので、ぜひ見て欲しいシーンです。

もう一つの見所は、主人公のマスターで、主人公をジェダイの騎士に育て上げた師匠オビ=ワン・ケノービと弟子である主人公アナキン・スカイウォーカーの30分近く続く火山惑星でのバトルシーン。

本来ならマスターであるオビ=ワンの方が強いんですが、暗黒面の力を得たアナキンは尋常じゃないフォースの力で、戦いの序盤は優勢でした。

しかし徐々に経験の差が出て来て、最終的には決着がついたのに暗黒面で狂暴化したアナキンは負けを認めずに飛びかかり、腕と脚を切られて溶岩で焼かれて大火傷します。

寸前で帝国の皇帝に救われて機械化されて黒い鎧を着せられて生き延び、ダースベイダーが誕生。

このバトルシーンでオビ=ワンが勝ちますが、マスターの深い愛を感じる感動シーンなのでおすすめです。

このシリーズもとうとう終わってしまい、とうとう黒い騎士の誕生、旧三部作のエピソード4に上手く着地し、新三部作のなかでも1番楽しめました。

またジョン・ウィリアムズの音楽はスターウォーズに感心がない方にもぜひおすすめしたい最高のスペースクラシックに仕上がっています。


スターウォーズシリーズはエピソード4、5、6が先に公開され、その後エピソード1、2、3が公開されました。

「スターウォーズ エピソード3/シスの復讐」はこのようにスターウォーズのエピソード4~6とエピソード1~3をつなげる作品です。

そんな重要な役目がはじめからある話題を読んできた今作品ですが、スターウォーズ6作品の中でもかなり高い評価を受けている作品になります。

スターウォーズの前半と後半を繋げるエピソード3は、後半に関係するたくさんの名シーンが詰まっています。

とうぜん観客はエピソード4、5、6を先に見ている訳なので、とても感情移入しやすくなっています。

エピソード1、2ではそういったシーンが少なかったのですが、3では大事なシーンがとても多いです。

また戦闘シーンのクオリティも高く、特にヨーダ対シディアス卿との戦いはスターウォーズシリーズの中でもトップクラスの人気を誇る名シーンです。

6作品の中で最新の作品なので、CG技術も高くとても迫力があります。

ストーリーの重要なシーンと迫力ある戦闘シーンがぎっしりつまっているためとても楽しめます。

意外と語られることの少ないジョージ・ルーカスの監督としての手腕も今作はよかったとおもいます。

ダースベイダー誕生シーンの演出をはじめ、これまで以上に思い入れを感じます。

何度となく繰り広げられたライトセイバーでの戦いも、数々の工夫がうかがえます。

とにかくこれを観て、やっとすべてがあきらかになりますので、ぜひ見逃さないでください。

 

⇒【TSUTAYA TV】でスターウォーズを無料視聴する!

 

 

 

この記事と関連する記事