海月姫 動画 アニメ&実写映画をフルで無料視聴!全編まとめて

2018年1月15日スタートのフジテレビ月9ドラマは「海月姫(くらげひめ)」になりましたね。

映画大好き管理人にとって「海月姫」といえば、2014年製作の能年玲奈(現:のん)さん主演実写映画版の印象が強いですが、キャラのつよいオタクキャラたちが大活躍する楽しい映画だったのをおぼえています。

今回のドラマ版も楽しみですね。

個人的には、三国志オタクのまやや好きなので、今回の内田理央さんの演技にも注目。

すでに予告でもまややっぽい口調が聞かれたので嬉しいです。

 

楽しみすぎて、アニメ版の視聴もはじめました。。。無料で全編視聴できるサービスを見つけてしまったので^^

実写映画映画版もあわせて無料で視聴できるので、もし別バージョンの「海月姫」もあわせて楽しみたいという方は試してみてくださいね。

 

ということで、今回は「海月姫(くらげひめ)」のアニメ版&実写映画版の動画をフル視聴できるサービスをご紹介します。

 

 

 

「海月姫」アニメ&実写映画の動画をまとめてみるなら…

フジテレビのオンデマンドサービス【FODプレミアム】の無料おためしキャンペーンがおすすめです!

 

⇒【FOD】31日間無料トライアルはこちらをクリック!

 

 

そんな【FODプレミアム】では、ただいま無料おためしキャンペーン実施中!

いま【FODプレミアム】の無料おためしキャンペーンに登録すると、もれなく3つの特典をプレゼント

その特典とは、

・31日間【FODプレミアム】内の動画が見放題!
・雑誌読み放題サービス【FODマガジン】も無料!
・対象の漫画が無料で読み放題!

。。。というもの。

 

 

【FODプレミアム】では、「海月姫」のアニメ版&実写映画版ともに配信されていますので、全編実質無料で視聴できます。

 

 

「海月姫」アニメシリーズ

第1話『セックス・アンド・ザ・アマーズ』
・第2話『スキヤキ・ウエスタン・マツサカ』
・第3話『魔法をかけられて』
・第4話『水族館で逢いましょう』
・第5話『私はクラゲになりたい』
・第6話『ナイト・オブ・ザ・リビング・アマーズ』
・第7話『金融無職列島』
・第8話『ミリオンダラー・ベイビーズ』
・第9話『真夜中のチェリーボーイ』
・第10話『愛とぬるま湯の日々』
・第11話『ジェリーフィッシュ・オブ・ドリームス』

 

 

また、原作コミック「海月姫」も全巻取り扱い中です。

1巻~3巻は無料読める対象に入っていますので、3冊無料で読めちゃいますよ

この機会に原作マンガ版もチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

 

月9ドラマ版も見逃し配信予定!


さらに、1月15日からスタートする芳根京子さん主演の月9ドラマ版も見逃し配信予定

31日以内に以内に解約することで、【FODプレミアム】の月額利用料金は発生しませんので、気軽におためし利用してみてくださいね

 

⇒「海月姫」アニメ&映画をまとめて無料視聴する

 

 

以上、『海月姫 動画 アニメ&実写映画をフルで無料視聴!全編まとめて』。。。でした。

 

 

アニメ版「海月姫(くらげひめ)」の感想

 


昭和レトロな風情がただようアパート天水館。

そこは「おしゃれな人たちを天敵とし、人生に男を必要としない」己の趣味にのみ没頭して暮らしているニートでオタクな女性たち「尼~ず」の小さな城になっています。

「尼~ず」の面々ときたら、くらげオタクに人形オタク、三国志オタクに鉄道オタク、さらにはおじさま好きにBL作家と超個性的です。

くらげオタクと、おじさま好き(枯れ専)というのはなかなか珍しいですけどね^^

くらげオタクの主人公月海(つきみ)は、ある日女装を趣味としている蔵之介(くらのすけ)とその兄である修(しゅう)と出会います。

これまた、個性がつよいキャラクターたちが揃っています。

個性的なキャラたちのぶっ飛んでいるギャグがとても面白いお気に入りの作品です。

原作漫画より、アニメのほうが絵がスッキリしていて観やすいとおもいました。

ストーリーのほうは、もともと原作も何かこれからという所で中途半端に終わってしまったので残念ですが、キャラたちを観ているだけでも楽しめます。


超面白かったー。

ほかのオタクや女装男子が登場するアニメがすべてかすんでしまうくらいよく出来ている作品だとおもいました。

主人公役の声優を担当している花澤香菜の九州なまりがすごく可愛かった。

ストーリーのテンポや繋げ方、伏線の張り方などなどとてもよく出来ていて楽しめました。

1話みたら止まらなくなってしまい、いっきに観てしまいました。

趣味が違えど、オタクの集いは会話の内容や団結力などとても楽しそうですね。

主人公たちのような地味な人たちが、派手でおしゃれな人やそのような人たちが集まりそうな空間にかんじる苦手意識を赤裸々にコメディタッチ描かれているのがこの作品のツボになるのですが、「オシャレ人間」という呼称だけでも笑えました。

エンディングテーマのサンボマスターの「きみのキレイに気づいておくれ」が、本編にとてもハマっていてお気に入りになりました。

キャラのお気に入りは蔵之介とクラゲのクララです。

原作漫画の方も読んでみたくなりました。


主人公のクラゲオタク、倉下月海
日本人形の収集家、千恵子
三国志オタクのまやや
アフロの鉄子、ばんば
中高年男性が大好きなジジ
そして、コミュ障のBL漫画家目白樹音

といった、「天水館」の住人たち。

オタクのなかでもかなり特殊なジャンルの趣味趣向があるキャラクターたちがわちゃわちゃしていてとても楽しいアニメ作品になっているとおもいます。

私もこんな腐女子の集まり「尼~ず」に入りたくなっちゃいました。

主人公である月海のピュアさが可愛らしくって笑ってしまいます。

けっこうギリギリのギャグも多くって、どのキャラクターが言うかによっては、差別発言とも取られそうな危ういところを上手くついてきますね。

とくに三国志オタクのまややのギャグは、キモいしうざいんだけどすっごく面白い。

本当にギリギリの線をついてきますよ。

この独特すぎる世界観にどっぷり吸い込まれて下さい^^

ノイタミナのアニメ作品はけっこう好きな作品が多いのですが、その中でも圧倒的に一番好きな作品です。

 

映画「海月姫(くらげひめ)」の感想(ネタバレ注意)

 


人気の菅田将暉さんが女装に挑戦しているということを知り、劇場に走りました。

「いやーすごく可愛かったです!!」

何なんだあのか細くてキレイな足は^^

しかも、可愛らしい衣装を何着も何着も。。。セクシー系から可愛い系までなんなく着こなせていました。

俳優さんが女装に挑戦している作品は他にもありますが、これほどたくさん衣装チェンジするというのは始めてみました。

あまちゃんブレイク直後の能年玲奈さんが主役なのですが、オタクで地味な女の子という役柄もあって、完全に菅田さんが食ってしまっていました。

また篠原ともえさんやアジアンの馬場園さん、太田莉菜さん、池脇千鶴さんといった脇をかためる「尼~ず」のキャストもなかなかのハイテンション。

とくに池脇さんのばんばさんの途中まで誰だかわからない役回りや、太田さんのぶっ飛んだまややがツボで、とても面白かった。

物語の内容にはそれほど期待はしていなかったのですが、不思議とあっという間の120分間でした。


東村アキコさんの原作漫画が大好きだったので、実写化された本作品も観てみました。

ワタシ自身の思い入れが強かったのか、ちょっと残念な仕上がりと言う感じです。

かなり原作に近づけて製作されてはいたのですが、逆にそれがかえって現実味をなくしてしまっていて、すんなり頭に入ってきませんでした。

コミック漫画の実写物というのは、やはり仕方がないのでしょうかね。

ただ蔵之介役の菅田さんの女装が綺麗でびっくり。

声なんかはそれほどではないのだけど、外見だけみればかなり綺麗でカッコいい。

バリバリモデルの太田莉菜さんと並んでランウェイを歩くシーンでも、違和感がなかったのにはビビりました^^

菅田さん他、キャスティングもコミックのイメージに近くてよかっただけに、ちょっと惜しい。

SEKAINOOWARIの曲も、イメージぴったりだったんだけどなぁ。

あと、メガネを外したときの能年さんの美少女っぷりもすごかった。

あまちゃんのイメージが強かったのですが。。。とても振り幅が大きくて素敵でした。

これからの活躍に期待ですね。


原作を知らないけれど、観てみたらすごく面白くって楽しかった。

クラゲオタクの少女・月海が住む「天水館」。

そこはおしゃれや男性とは無縁の「尼~ず」というオタク女子たちが住んでいます。

そんな「天水館」にある日女装男子が入りこむことで、事件が起こります。

その女装男子を演じるのは、菅田将暉くん。

この映画公開当時はまだそれほどではなかった記憶がありますが、この後あたりから一気に旬の俳優さんになりましたね。

この作品ではその片鱗が。。。女装姿が美しすぎます。

また長谷川博己さん、速水もこみちさんといったイケメンさんたちもしっかり揃っているし、女性陣もなにかと豪華。

なかでも三国志オタクのまやや役の太田莉菜さんの振り切った演技がとても気持ちよかったです。

「天水館」の主、目白樹音先生が最後まで出てこなかったのは残念ですが、映画の途中でながれるセカオワの曲がシーンとあっていてテンションあがりました。

続編なんかもあるといいなぁ。

 

 

⇒「海月姫」アニメ&映画をまとめて無料視聴する

 

 

 

 

この記事と関連する記事