デッドプール 動画をフルで無料視聴 字幕吹き替えともにあり!

2016年に日本でも大ヒットし、2018年6月には続編の公開が予定されている「デッドプール」

『デッドプール2』の予告でも、あいかわらず不謹慎な笑いを振りまいていますが、これは今回も【R-15】指定決定かもしれませんね。。。

マーベル・シネマティック・ユニバースの作品には飽きたけど、「デッドプール」だけ別という方も多い作品です。

管理人も「デッドプール」1作目を鑑賞しましたが、予想外に感動してしまったという驚きがある作品だったと記憶しています^^

表面的な悪趣味キャラとは違った魅力もあわせ持った作品だと思いますよ。

まだの方はぜひ。。。

 

新作の公開も待ち遠しいですね。

ということで、「デッドプール」の動画をぜひチェックしておきたい

できれば無料で・・・-O-;

という方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、マーベル映画「デッドプール」の動画をフルで無料視聴する方法をご紹介します。

日本語字幕・吹き替えともにそろっていますよ^^

 

 

映画「デッドプール」を無料でみるなら…

レンタルCD・DVDで有名なツタヤさんが運営する動画配信サービス【TSUTAYA TV】の無料おためしキャンペーンがおすすめです!

 

⇒【ツタヤ】30日間無料トライアルはこちらをクリック!

 

そんな【TSUTAYA TV】では、只今無料お試しキャンペーン実施中!

いま【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく3つの特典がプレゼントされます。

その特典とは、

・30日間無料で動画が見放題!(新作などは対象外)
・新作・人気作が視聴可能な1,080円分の無料ポイント
・CD/DVDレンタルも無料!(最新作は対象外・8枚/月)

。。。というもの。

 

映画「デッドプール」は人気作品ですので、324円~(税込み)のレンタル料金が必要ですが、特典でもらえる1,080円分の無料ポイントを使うことによって実質無料で視聴できます。

 

さらに【TSUTAYA TV】では。。。

・「アイアンマン」(2008)
・「インクレディブル・ハルク」(2008)
・「アイアンマン2」(2010)
・「マイティ・ソー」(2011)
・「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」(2011)
・「アベンジャーズ」(2012)
・「アイアンマン3」(2013)
・「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」(2013)
・「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」(2014)
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」(2014)
・「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」(2015)
・「アントマン」(2015)
・「キャプテン・アメリカ/シビルウォー」(2016)
・「ドクター・ストレンジ」(2016)
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」(2016)
・「スパイダーマン/ホームカミング」(2017)
・「マイティ・ソー/バトルロイヤル」(2017)
といったMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の作品も一挙ラインナップ。

残ったポイントや、無料で利用できるDVD宅配レンタル(8枚まで)を利用して、MCU作品をイッキ見することも可能ですね^^

 

ちなみにキャンペーン後の【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の月額料金ですが。。。

 

【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】は他の動画配信サービスと比べて 月額2,417円(税抜)とちょっと高め。

ただし、これは「動画見放題 & 定額レンタル8」コースの値段です。

 

月額DVDレンタルを使わなければ、動画配信サービスのみに切り替えることで月額933円(税抜)にすることができます。

 

新作や人気作品は月額とは別に追加料金がかかりますが、実質レンタルビデオとの価格差はほとんどなく、最新作をすぐに見たい時にいつでもすぐ見れますので、 レンタルショップに行って借りるより早くて便利

 

また、月毎に最新作にも使える1,080円分の無料ポイントが付与されます。

たくさん動画を見る方なら、サービス利用料はタダとも考えられますね。

 

もちろん必要ないと思えば解約も全然OK。簡単に解約できます。そのためのお試しキャンペーンですので、遠慮はいりません。

 

「ツタヤにあるほぼ全作品」といわれる豊富なラインナップをご自宅で視聴することができるオンラインサービス。

まだの方はこの機会にお試ししてみてはいかがですか?

 

U-NEXTでも配信中!

大手動画配信サービス【U-NEXT】でも、MCU作品を一挙配信中です。

 

⇒【U-NEXT】31日間無料トライアルはこちらをクリック!!

 

そんな【U-NEXT】では、只今無料お試しキャンペーン実施中!

いま【U-NEXT】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく2つの特典がプレゼントされます。

 

その特典とは、

特典1:31日間無料で見放題!(新作などは対象外)
特典2:新作などが視聴可能な600円分の無料ポイント

。。。というもの。

 

映画「デッドプール」は324円(税込み)で視聴できます^^

 

 

以上、『デッドプール 動画をフルで無料視聴 字幕吹き替えともにあり!』。。。でした。

 

 

⇒【TSUTAYA TV】で「デッドプール」を無料でみる

 

 

本ページの情報は2018年5月時点の確認情報となります。

最新の情報は【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】【U-NEXT】の本体サイトにてご確認下さい。

 

 

 

 

映画「デッドプール」の感想(ネタバレ注意)


マーベルの中ではダークヒーロー的な位置づけをされているデッドプールは、2016年に公開されて2週連続観客動員数1位を記録。

勧善懲悪ではなく、自身に人体実験を施した科学者への復讐のためだけに行動をして、偶然出くわした悪党を倒すというストーリーで現実味があると高評価いたしております。

ちなみにこの作品はR16指定になっており、激しい戦闘シーンや性描写・さらにはタブーな禁句も数多く含まれていて、これまでのマーベル作品とは一線を画しているのも特徴ですね。

SF映画を数多く世に生み出しているティム・ミラーが監督をしているので、随所にVFXやCGを取り入れて躍動感ある映像を楽しめるのも見どころの映画です。

作品冒頭のニューヨークの街に向かってデッドプールが高層ビルからダイブする映像は、ドローンから撮影した映像にCGを組み合わせています。

最新技術の映像を堪能しながらブラックユーモア溢れる新たなヒーローの活躍が楽しめる大人の方におすすめの作品に仕上がっています。

笑えるし、ハードなアクションは盛り上がるし、意外にもまっとうなラブストーリー要素などが盛り込まれていて、最初から最後まで目一杯楽しむことができました。

しかし、大人の会話などもふんだんに含まれていますので、ある程度年齢をかさねた方でないとわからないネタもあって、ピンと来ない場合もあるかもしれませんね。

「ウルヴァリン:ゼロ」にも登場していたキャラクターだと聞いていますが、全く印象がなく新鮮でした。


映画デッドプールは2017年に公開されたマーベルユニバースの映画。

デッドプール役を務めるライアン・レイノルズは、イケメンで演技派の俳優として、最近人気が急上昇中です。
デッドプールというキャラクターは知っていてもどうしてあんな見た目になってしまったのか、どうして戦うのか分からない人が多いです。

しかし、この映画では、脚本の中できちんとそれを説明しており、その点を評価されている方も多いですね。

デッドプールという悲劇的なキャラクターのシリアスな面をみせ、深さをもたせる一方で、原作のコミックのキャラクターのエロさとゲスさ、適当さをきちんと再現しています。

とくに、ジョークの効いた心の中の声や第三者視点に語りかける手法をきちんと映像化しています。

このような笑える場面が多い一方で、映像は戦闘シーンのCGがスタイリッシュで、メリハリがきいています。冒頭のカーチェイスでの戦闘は、スピード感のある中にストップモーションを取り入れています。

マーベル映画のスピンオフ作品とは言え、お金がかかっていて、ルーズな会話がつづく脚本であるにもかかわらず、映像がルーズになっていないのが観ていて楽しかったです。

随所に観られる曲芸スローモーションアクションは、ちょっと興ざめするものの、デッドプールの衣装の作り込みや、ブラックジョークの完成度は見事。

お尻に着弾するナンセンスさとか劇場でがっつり笑ってしまいました。

続編も期待しています。


2016年に公開された「デッドプール」。

2週連続観客動員数1位を獲得するほどヒットし、日本でも大ブームになりました。

マーベル映画らしくアメリカンコミックを原作としているのですが、今までのヒーロー像とは異なり主人公のデッドプールは天才科学者ではあるものの数々の人体実験を行い、自身の欲望を満たすためなら残虐非道な行動もいとわない人物です。

劇中にはグロテスクな表現や性描写も盛り込まれている為、マーベル映画で初めてR15指定にもされました。

これまでの勧善懲悪と異なったダークヒーローだからこそ、新たな魅力を感じるという声もあり人気が出たと言えるでしょう。

SF映画作品に定評があるティム・ミラー氏が監督を務めているので、最新のCG技術が駆使されており、物語終盤のロサンゼルス上空で繰り広げられたバトルシーンは実際の映像をセスナ機から撮影しているようです。

観客自身も空を飛んでいるかのような視覚効果も話題になり、次回作も期待したいシリーズだと評判が良いですね。

これまでのマーベル映画、とくにアベンジャーズのシリーズにちょっと飽きていた時期に、これほどまっとうな変化球を投げてくるマーベルのすごさをあらためて感じました。

市場の需要を上手にとらえていますね。

この作品と「アントマン」は今までのヒーローのマンネリへのアンチテーゼとして秀逸です。

変態仮面もこれぐらいの気合で作ってれば、日本映画も楽しくなるのになぁ~なんて思って観ていました。


世界中で熱狂されているマーベルヒーローシリーズ。

そのなかでも異色のヒーローといえるのがデッドプールです。デッドプールはもともとX-MENから派生したヒーローです。

デッドプールはマーベル映画のなかでもあまり期待されているシリーズとは言えませんでした。

100億円規模のお金が動くマーベル映画ですが、デッドプールの制作費はその数分の一。

主演のライアンレイノルズもそこまで知名度があるとはいえないですし、ヒロインのモリーナ・バッカリンもこの映画が実質メジャー映画のデビューです。

しかし、いざ映画が公開されると批評家からも観客からも絶賛の嵐が巻き起こります。

ヒーローでありながらダークな主人公設定と、純度100%のラブストーリーをかけ合わせた斬新さで、ヒーロー映画の新たな地平を開きます。

すでに続編のプロジェクトは進行しており、マーベル映画のなかでも期待のシリーズに躍り出ました。

これからもさらに注目されるアメコミ映画といえるとおもいます。

バイオレンスシーンが多いので、家族そろってとは行きづらい作品ですが、ある一定以上の年齢の方にとっては笑いどころが随所に盛り込まれているので面白かったです。

当初アメコミヒーロー1の破天荒なキャラクターだと聞いていたのですが、お下劣さもグロさも一応許容範囲。

もっとハチャメチャなお話を期待していたのですが、まぁそこは作品規模からして仕方がないといえば仕方がないですね。

でも、全然嫌いじゃないです。

 

 

⇒【TSUTAYA TV】で「デッドプール」を無料でみる

 

 

 

この記事と関連する記事