ドクターストレンジ 動画をフルで無料視聴 吹き替え字幕あり!

大人気映画シリーズ「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」

その中でも異色の世界観や、映像表現で大ヒットしたのが『ドクター・ストレンジ』ですね^^

しかしどんどん前に進んでいくMCUシリーズ。

「ドクター・ストレンジ」も楽しみにしていたけど、いつの間にか見逃がしてしまっていた( ;∀;)。。。なんて方も多いのではないでしょうか?

 

ということで今回は、マーベル映画「ドクター・ストレンジ」の動画をフルで無料視聴する方法をご紹介します。

もちろん、日本語字幕・吹き替えともに配信中です!

 

 

 

 

映画「ドクター・ストレンジ」を無料でみるなら…

レンタルCD・DVDで有名なツタヤさんが運営する動画配信サービス【TSUTAYA TV】の無料おためしキャンペーンがおすすめです!

 

⇒【ツタヤ】30日間無料トライアルはこちらをクリック!

 

そんな【TSUTAYA TV】では、只今無料お試しキャンペーン実施中!

いま【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく3つの特典がプレゼントされます。

その特典とは、

・30日間無料で動画が見放題!(新作などは対象外)
・新作・人気作が視聴可能な1,080円分の無料ポイント
・CD/DVDレンタルも無料!(最新作は対象外・8枚/月)

。。。というもの。

 

映画「ドクター・ストレンジ」は人気作品ですので、視聴するには432~(税込み)のレンタル料金が必要です。

しかし、特典でもらえる1,080円分の無料ポイントを利用することで、「ドクター・ストレンジ」も実質無料で視聴できます。

 

さらに【TSUTAYA TV】では。。。

・「アイアンマン」(2008)
・「インクレディブル・ハルク」(2008)
・「アイアンマン2」(2010)
・「マイティ・ソー」(2011)
・「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」(2011)
・「アベンジャーズ」(2012)
・「アイアンマン3」(2013)
・「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」(2013)
・「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」(2014)
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」(2014)
・「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」(2015)
・「アントマン」(2015)
・「キャプテン・アメリカ/シビルウォー」(2016)
・「ドクター・ストレンジ」(2016)
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」(2016)
・「スパイダーマン/ホームカミング」(2017)

といったMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の作品も一挙ラインナップ。

残ったポイントや、無料で利用できるDVD宅配レンタル(8枚まで)を利用して、MCU作品をイッキ見することも可能ですね^^

 

ちなみにキャンペーン後の【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の月額料金ですが。。。

 

【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】は他の動画配信サービスと比べて 月額2,417円(税抜)とちょっと高め。

ただし、これは「動画見放題 & 定額レンタル8」コースの値段です。

 

月額DVDレンタルを使わなければ、動画配信サービスのみに切り替えることで月額933円(税抜)にすることができます。

 

新作や人気作品は月額とは別に追加料金がかかりますが、実質レンタルビデオとの価格差はほとんどなく、最新作をすぐに見たい時にいつでもすぐ見れますので、 レンタルショップに行って借りるより早くて便利

 

また、月毎に最新作にも使える1,080円分の無料ポイントが付与されます。

たくさん動画を見る方なら、サービス利用料はタダとも考えられますね。

 

もちろん必要ないと思えば解約も全然OK。簡単に解約できます。そのためのお試しキャンペーンですので、遠慮はいりません。

 

「ツタヤにあるほぼ全作品」といわれる豊富なラインナップをご自宅で視聴することができるオンラインサービス。

まだの方はこの機会にお試ししてみてはいかがですか?

 

⇒【TSUTAYA TV】で「ドクター・ストレンジ」を無料でみる

 

 

以上、『ドクターストレンジ 動画をフルで無料視聴 吹き替え字幕あり!』。。。でした。

 

 

 

本ページの情報は2018年2月時点の確認情報となります。

最新の情報は【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】 の本体サイトにてご確認下さい。

 

 

 

 

映画「ドクター・ストレンジ」の感想(ネタバレ注意)

「ドクター・ストレンジ」はマーベルのコミックを実写映画化した作品の1つ。

アメリカでは2016年に、日本では2017年に公開され大ヒットを記録しました。

最終的には興行収入は6億ドルを超えて日本でも初登場1位を果たしていました。

ドクター・ストレンジが大きな話題を呼んだのは、その圧倒的な映像美だと思います。

これまでの常識を覆すような映像表現の数々は、映画館の大スクリーンで鑑賞するに相応しいものでした。

3Dでの鑑賞も好評を博しSNSでもトレンドに上ったほど。

ただ原作のマーベル版コミックとはキャストの人種が一部変更されています。

しかもアジア系の老師を白人女優に変えられたことから、厳しい批判に晒されることもありました。

これに対して制作側は古いイメージを払拭するためと説明していますが、しかし結果的には旧来の白人重視を強めただけという意見も少なくありません。

ドクター・ストレンジは素晴らしい作品だけに、キャスト問題はまさしく玉に瑕となっていると思います。

天才的な技術をほこるが、傲慢な神経外科医スティーブン・ストレンジは、不意の事故に見舞われます。

両手の機能を失ってしまった彼は、その治療の方法を求め、ネパールのカマー・タージに行き着き、そこで不思議な魔術を目にすることになります。

その魔術を、都市の歪みや、悪夢のような空間表現、吸い込まれるような多次元描写などを、目もくらむような映像で訴えます。

ストーリーはちょっとわかりづらい部分がありましたが、映像は必見。


映画「ドクター・ストレンジ」はヒーローものの映画を次々に世に送り出すマーベル・スタジオ作品の中では、やや異色感がある作品だと思います。

天才外科医であった主人公のドクター・ストレンジは、交通事故ですべてを失ってしまいますが、魔術を身に着けることでカンバックを果たします。

しかし、カンバックした世界は医療現場ではなく、悪との闘いの最前線。

ドクター・ストレンジで高く評価されているのは、圧倒的な映像でしょう。

「インセプション」で描かれた、まるでだまし絵のような世界は、ただ破壊を繰り返すようなヒーローものとは一線を画します。

主人公のストレンジを演じたベネディクト・カンバーバッチは、映画「スター・トレック:イントゥ・ダークネス」のカーン役でも、独特なキャラクターとして圧倒的な存在感を発揮しましたが、このドクター・ストレンジでも、彼の魅力をいかんなく発揮しています。

今後、アベンジャーズシリーズなどに取りこまれていくことになりそうですが、その部隊でこの個性的なキャラクターがどれくらい発揮されるのか楽しみになりました。

マントくんの活躍は楽しくて可愛らしいし、街はトリックアートのようにパタパタ変形していくし、最強の敵を倒す方法は、「ほとんど嫌がらせでしょ」ってツッコみたくなるし。

今まで観たことのない映像や魅力がたくさん詰まった作品でした。

力関係や作品内でのルールがいまいちわからなくなるところがありましたけど、かなりツボにはまりました。

他のマーベルヒーローと比べてしまうと、ちょっと地味かなと思いますが、枯れ専の方にはぴったりですよ。


「ドクター・ストレンジ」は満を持してでてきたマーベル映画といった感じです。

事故を負った主人公が超常的な力を身につけるサイキックアクション映画といえます。

この映画は批評家から高い評価を受けているようで、特に高い評価を受けたのは主演を務めたベネディクト・カンバーバッチ。

ベネディクト・カンバーバッチはいまもっとも油ののっているイギリスの俳優で、イギリスドラマの「シャーロック」や、ホーキング博士を演じた映画などで知られます。

マーベル映画は大スターを起用するよりも、これからのスターを発掘するような姿勢のような感じだと思っていましたが、ここにきて大スターを起用し、大きな期待が集まりました。

蓋を開けてみると、彼の演技は見事広く賞賛されました。

映画の見どころとしては、やはり大掛かりなCG表現。

鏡のイリュージョンのような映像は斬新で、新しい映像の表現を切り開いています。

ストーリーも王道と言っていいもので、誰もが楽しめる映画になっていた思えます。

日本初登場。。。というか世界的にもおそらくマイナーキャラが主人公。(マーベル映画のキャラは、ほとんど知名度が低いところから始まっているわけですが…)

ドクター・ストレンジというキャラが、どんな人物で、なぜその力を使えるようになったのか。

そしてそんな彼が戦う敵は何者なのかという、紹介がメインのお話になっていました。

これからどのようにMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に絡んでくるか期待ですね。

渋めキャラでしたが、とにかく映像がすごいので、3D酔いしてしまいました^^;

あとヒロインのレイチェル・マクアダムスが、出番が少なかったけど本当に可愛かった。


ドクター・ストレンジは2016年に公開されたベネディクトカンバーバッチ主演のマーベルコミックのヒーローアクション作品です。

あらすじは天才脳外科医であるドクター・ストレンジが事故で両手の機能を失い、リハビリを繰り返すも医者からさじを投げられて、途方に暮れてしまう。

だが、諦めきれずネパール・カトマンズの魔術師の元へと行き、治療を目的としていたが、世界を支配しようとする敵との戦いに巻き込まれてしまうお話です。

この作品の評判は凄く良く、映像がとても綺麗で街が変化していくところが美しいという評判やこれまでのマーベルヒーローとは違うテイストで面白いという評判などの高い評判です。

上下左右グルグル画面が回転していて浮遊感が感じられて新鮮で楽しく。

はじめはいけ好かなかった主人公が一生懸命と繰り返しの努力で魔法が習得できたシーンなどは、とても勇気をくれました。

また以前から気になっていたティルダ・スウィントンが、ツルツル頭で出てきたのにはビックリ。

彼女の持つ独特な雰囲気と異様な出で立ちで強烈印象をのこしていました。

またなんだかよくわからない距離感のキウェテル・イジョフォーは、今後重要な役割になってきそうですね。

これまでマーベル映画を観てこなかったと言う人でも、この作品単体で楽しめるお話になっています。

この作品をまだ見たことのない人、もう何回も見た人でも必ず楽しむことのできる作品だとおもいますよ。

あんな魔法がつかえたらいいのに。

 

 

マーベル最新作品にも期待!

3月1日日本公開のマーベル最新作品『ブラックパンサー』

映画「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」でも姿をみせていましたが、ついに単体での登場!

「ドクター・ストレンジ」同様、これまた異色のヒーローです。。。でも考えてみたら、マーベルヒーローはみんなキャラがたっているので、異色とかもはや感じなくなりつつもありますね。

 

さらに、4月27日には『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の公開も続きますね。

ついにアベンジャーズに合流するドクター・ストレンジや、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの面々。

スパイダーマンとブラックパンサーも初合流となりますね。

最新作も楽しみです。

 

⇒【TSUTAYA TV】で「ドクター・ストレンジ」を無料でみる

 

 

この記事と関連する記事