Mrインクレディブル 動画をフルで無料視聴 吹き替え字幕あり!

2017年の「カーズ」に続き、ディズニー・ピクサー2018年の新作は「Mrインクレディブル」の続編です。

懐かしい~。

タイトルは『インクレディブル・ファミリー』

日本での公開は8月1日(水)からです。楽しみですね!

ジャック=ジャック・パー (赤ちゃん)あいかわらずスゴ^^

「ニモ」の続編にしても、「カーズ」の続編にしても最近のピクサー作品は続編がつづいています

でもハズレはないので、もちろん今年も期待します

 

 

しかし、前作となる「Mrインクレディブル」の製作が2004年ですので、まだ1度もみたことがないとか、新作をまえにもう一度チェックしておきたい。。。という方もおおいのではないでしょうか?

 

。。。できれば無料で・・・-O-;

 

そこで今回は、映画「Mrインクレディブル」の動画をフルで無料視聴する方法をご紹介します。

 

そのほかのディズニー・ピクサー作品も多数配信中です^^


 

 

映画「Mrインクレディブル」の動画を無料でみるなら…

レンタルCD・DVDで有名なツタヤさんが運営する動画配信サービス【TSUTAYA TV】の無料おためしキャンペーンがおすすめです!

 

⇒【ツタヤ】30日間無料トライアルはこちらをクリック!

 

そんな【TSUTAYA TV】では、只今無料お試しキャンペーン実施中!

いま【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく3つの特典がプレゼントされます。

 

その特典とは、

・30日間無料で動画が見放題!(新作などは対象外)
・新作・人気作が視聴可能な1,080円分の無料ポイント
・CD/DVDレンタルも無料!(最新作は対象外・8枚/月)

。。。というもの。

 

映画「Mrインクレディブル」は人気作品ですので、視聴するには432円~(税込み)のレンタル料金が必要です。

しかし、特典でもらえる1,080円分の無料ポイントを利用することで、「Mrインクレディブル」も実質無料で視聴できます。

さらに、残ったポイントや無料で利用できる宅配DVDレンタルもつかって、TSUTAYAの豊富なコンテンツをたくさん視聴できますよ^^

 

 

※注意

【TSUTAYA TV】での『Mr.インクレディブル』は日本語吹き替え版のみの配信になります。

日本語字幕で鑑賞するならこちらのサービスがおすすめです。

 

 

また、【TSUTAYA TV】では『Mr.インクレディブル』だけでなく、ピクサーアニメーション作品も充実しています。

【TSUTAYA TV】ではこんなピクサー作品も動画配信されています。

・『トイストーリー』(1995年)
・『バグズライフ』(1998年)
・『トイストーリー2』(1999年)
・『モンスターズ・インク』(2001年)
・『ファインディング・ニモ』(2003年)
・『Mr.インクレディブル』(2004年)
・『カーズ』(2006年)
・『レミーのおいしいレストラン』(2007年)
・『ウォーリー』(2008年)-TV配信のみ
・『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009年)
・『トイストーリー3』(2010年)
・『カーズ2』(2011年)
・『メリダとおそろしの森』(2012年)
・『モンスターズ・ユニバーシティ』(2013年)
・『インサイドヘッド』(2015年)
・『アーロと少年』(2016年)
・『ファインディング・ドリー』(2016年)
・『カーズ/クロスロード』(2017年)
・『リメンバー・ミー』(2018年)

 

ちなみにキャンペーン後の【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の月額料金ですが。。。

 

【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】は他の動画配信サービスと比べて 月額2,417円(税抜)とちょっと高め。

ただし、これは「動画見放題 & 定額レンタル8」コースの値段です。

 

月額DVDレンタルを使わなければ、動画配信サービスのみに切り替えることで月額933円(税抜)にすることができます。

 

新作や人気作品は月額とは別に追加料金がかかりますが、実質レンタルビデオとの価格差はほとんどなく、最新作をすぐに見たい時にいつでもすぐ見れますので、 レンタルショップに行って借りるより早くて便利

 

また、月毎に最新作にも使える1,080円分の無料ポイントが付与されます。

たくさん動画を見る方なら、サービス利用料はタダとも考えられますね。

 

もちろん必要ないと思えば解約も全然OK。簡単に解約できます。そのためのお試しキャンペーンですので、遠慮はいりません。

 

「ツタヤにあるほぼ全作品」といわれる豊富なラインナップをご自宅で視聴することができるオンラインサービス。

まだの方はこの機会にお試ししてみてはいかがですか?


 

 

日本語字幕で観るなら【U-NEXT】で!

動画配信サービス【U-NEXT】でも、ピクサー作品を多数配信中!

「Mr.インクレディブル」も、日本語字幕・吹き替えともに配信中です。

 

⇒【U-NEXT】31日間無料トライアルはこちらをクリック!!

 

そんな【U-NEXT】でも、只今無料お試しキャンペーン実施中!

いま【U-NEXT】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく2つの特典がプレゼントされます。

 

その特典とは、

特典1:31日間無料で見放題!(新作などは対象外)
特典2:新作などが視聴可能な600円分の無料ポイント

。。。というもの。

 

「Mr.インクレディブル」は、324円(税込み)~で配信中。

日本語字幕で「Mr.インクレディブル」を観るなら【U-NEXT】がおすすめです。

 

 

以上、『Mrインクレディブル 動画をフルで無料視聴 吹き替え字幕あり!』。。。でした。

 

⇒「Mr.インクレディブル」を無料でみる

 

 

本ページの情報は2018年8月時点のものとなります。

最新の情報は【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】【U-NEXT】の 公式サイトにてご確認下さい。

 

 

 

映画「Mrインクレディブル」の感想(ネタバレ注意)


「Mrインクレディブル」は、「トイ・ストーリー」でおなじみのピクサーの制作によるアニメーション。

それまで、おもちゃや虫といった人間でないものを描いてきたピクサーが、いよいよ次の段階へと挑戦した作品としても知られています。

人間社会を描くという、より現実に近づけた物語を作り出すことが可能となった、記念すべき作品とも言えます。
CG表現はさらに高まり、髪の毛などのさらさらしたリアルさを描き出せるようになったことも特筆すべき点です。

それらの技術のレベルアップが、派手なアクション満載の面白さの一方で、繊細な人間らしい表現も生み出すことになっています。

技術の発展が物語の奥行を広げていくのですね。

テクノロジーの向上が内容に影響を及ぼすという、いかにも映画らしい素晴らしさが、この作品にはあると思います。

おなじくピクサー製作の「レミーのおいしいレストラン」の監督ブラッド・バードということで、楽しみにしていました。

ポスターなどのビジュアルなどから「スパイキッズ」みたいな子供向けの作品だとおもってなめていましたが、観てみたらかなり楽しめました。

私自身中年のおっさんですが、中年男性の肉体の悲哀や社会との折り合いなどからくるイラ立ちなどが込められていて、共感してみることができました。

敵の基地なんかもスケールが大きく、大人でも十分楽しめました。

子供向けの題材を、大人の鑑賞にも耐えられる作品に仕立てるPIXERの技術にままさに脱帽といったところです。


Mrインクレディブルは、ワクワクドキドキが止まらない、夢中になって時間を忘れて楽しめる作品だとおもいます。

子供向けというより、大人向けであるという意見が多数ある位、しっかりした構成に、伏線も引かれ、内容も盛りだくさんです。

大人が大満足できる、大迫力のCGが、細やかな美しさや、アクションシーンの激しさ。

そして、引き込まれる音楽が重なり、多くの方を夢中にします。

これまでの、ディズニー映画では、見られなかった現実的な面を見せた映画になっている点もピクサーアニメーションらしい。

アニメというより、人間ドラマのような奥深さで、家族愛あり、夫婦愛あり、そして人間愛あり。

もちろん笑いも忘れていません。

世間からの評判も、とても高く、絶賛され、数多くのアニメ映画賞も受賞した作品。

かつてのスーパーヒーローが、ある事件をもとに世間に嫌われることになり、その15年後につかれたサラリーマンに変貌しているという設定がツボすぎます^^

そして家族もみんなスーパーヒーローで、その能力をかくして生活しているんですが。。。

というあらすじもとてもユニーク。

クライマックスの戦いも、みんなそれぞれの能力をいかしていて、興奮するアクションシーンになっていましたね。

この特殊能力をつかって兄弟げんかをしたり、それを

多くの方からの人気を受けて、Mrインクレディブル2の公開も予定されているようですので、ピクサーのファンならぜったいに観てほしい作品です。


ディズニー映画でも異色作が多いことで知られるピクサーによる「Mrインクレディブル」は、ピクサー版ファンタステック・フォーのような特殊能力を駆使するスーパーヒーロー家族の物語といえば分かりやすいのではないでしょうか。

一般的な評価は他のディズニー作品のようなものというよりも、一部の熱狂的なファンに支持されていると言えるかもしれません。

しかしピクサーらしく、脚本もキャラクターの設定もしっかりしています。

キャラクター的には子供さんが観ても楽しめますが、どちらかと言うと大人が楽しめる傾向が強いと作品度と思います。

それだけに子供だましではない世界観を評価され、評判の高い作品です。

スーパーヒーローにはスーパーヒーローなりの葛藤もありますが、普通に見えるおじさんの苦悩する姿にはある意味、仕事に励む仕事人と家庭人という両方をもつ大人の男性に共感を抱く方も多いという時点でもうその時点で異色作といえると思います。

私は30代の主婦ですので、ヒーローであるよりも「良き母」であることを選んだイラスティガールに共感しました。

そう考えるとお父さんから赤ちゃんまで、家族誰もが誰かに共感できるという構造を持っている作品ですね。ずるい^^

スピード感ある展開とアクションシーン、コメディ要素など、どれもが最高レベルの仕上がりだとおもいます。

「なんて主人公がおっさんやねん」と馬鹿にしていたのですが、見終わるとまっとうなヒーローもの。

ヒーローがヒーローとしての活動を禁止され、家族を持ったらどうなるかというユニークな視点も最高です。


「Mrインクレディブル」はピクサーが手掛けるコンピューターグラフィックが秀逸な映画です。

ピクサーの映画ではモンスターや魚などが主人公になることが多いのですが、今回の主人公は人間、しかもスーパー・ヒーローとその家族の愛と冒険の物語になっています。

また、CGのレベルが非常に高く、その美しさとリアルさには驚かされます。

ユーザーレビューでの評価では、5点中4点を上回る好評価を得ています。

DVDを借りて家族でみれば、「家族皆を笑いで包んでくれるとか」「とにかく面白い」など、面白いという評価が多いようですね。

私といたしましては、アニメのすごさを知ったというか、アニメは子供が見るものと決めつけていた自分の間違いが浮き彫りになったというのが感想です。

でもCGアニメといってもいろいろな作品がありますが、ピクサーの作品は本当に観ていて楽しめます。

前作の「ファインディング・ニモ」にしてもこの次の「カーズ」にしても、キャラはしっかりしているし、毒も少ないので安心してみれます。

それなのに作品ごとに毎回オリジナリティーがあって、新鮮なのが素晴らしいです。

いっきにアニメファン(といってもピクサー系限定ですが…)になってしまいました。

009みたいなダッシュくんも、お姉ちゃんのバイオレットちゃんも魅力的な特殊能力ですが、私のお気に入りはママのイラスティガール。

怪力のMrインクレディブルことボブ・パーの子煩悩ぶりも楽しかった^^

パート2が制作されているというので、次は次男のジャック=ジャックくんの活躍に期待ですね。


好きな映画のトップ5に入るくらい好きな作品です。

どのシーンもムダがなく、何度でも観たくなります。

物語の内容は普通のヒーローもの映画とあまりかわらないのですが、これほどまでに引き寄せられるというのもPixarならではという感じです。

コミカルでテンポよく進んでいくので、楽しく観れます。

この作品が好きな理由は、家族っていいよねって気分になれるからです。

スーパーヒーローものとはいえ、単純に勧善懲悪といった物語ではなく悪役にも背景があって意外と奥深いと思います。

ガジェットなども某有名スパイもののオマージュになっていて見どころ。

元々ピクサー・アニメーション・スタジオの人間ではなかったブラッド・バード監督がどうしてもやりたいと持ち込んだという経緯がある作品だけあってPixarアニメのなかでも独特の雰囲気のある作品だと思います。

にしてもインクレディボーイはなんど観てもうっとうしいですね^^

あとギルバート・ハフが清水アキラさんに見えて仕方がない。

弟のダッシュが超かわいいのと、フロゾンのあの動きがたまらなく好きです。

街を破壊しすぎるのでヒーローが避難されるって、ちょっと前にみたDC原作の実写映画みたいだなぁと今さら気がつきました。

何年先に行っていたんだろうってあらためて思います。

「Mrインクレディブル2」とアナウンスされていた続編のタイトルも「インクレディブル・ファミリー」に決まったようで今からとても楽しみです。

 

⇒「Mrインクレディブル」を無料でみる