モンスターズインク動画吹き替えあり 映画をフルで無料視聴!

ピクサー・アニメーション・スタジオ製作の映画シリーズ2001年の大ヒット『モンスターズ・インク』

マイクやサリー、ブーといったキャラクターたちも大人気。

ディズニーランドの「モンスターズ・インク”ライド&ゴーシーク!」も大人気ですね^^

しかし『モンスターズ・インク』をレンタルしようと思っていたけど、人気でレンタルできなかったとか「いつの間にか見逃していた」とか「もう一度動画でチェックしたい!」。。。と動画を探している方もおおいのではないでしょうか?

。。。できれば無料で・・・-O-;

 

そこで今回は、映画「モンスターズ・インク」の動画をフルで無料視聴できるサービスをご紹介します。

 

そのほかのディズニー・ピクサー作品も多数配信中です^^


 

 

映画「モンスターズ・インク」の動画を無料でみるなら…

レンタルCD・DVDで有名なツタヤさんが運営する動画配信サービス【TSUTAYA TV】の無料おためしキャンペーンがおすすめです!

 

⇒【ツタヤ】30日間無料トライアルはこちらをクリック!

 

【TSUTAYA TV】では、只今無料お試しキャンペーン実施中!

いま【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく3つの特典がプレゼントされます。

 

その特典とは、

・30日間無料で動画が見放題!(新作などは対象外)
・新作・人気作が視聴可能な1,080円分の無料ポイント
・CD/DVDレンタルも無料!(最新作は対象外・8枚/月)

。。。というもの。

 

映画「モンスターズ・インク」は人気作品ですので、視聴するには432円~(税込み)のレンタル料金が必要です。

しかし、特典でもらえる1,080円分の無料ポイントを利用することで、「モンスターズ・インク」も実質無料で視聴できます。

さらに、残ったポイントや無料で利用できる宅配DVDレンタルもつかって、TSUTAYAの豊富なコンテンツをたくさん視聴できますよ^^

 

 

※注意

【TSUTAYA TV】での『モンスターズ・インク』は日本語吹き替え版のみの配信になります。

日本語字幕で鑑賞するならこちらのサービスがおすすめです。

 

 

また、【TSUTAYA TV】では『モンスターズ・インク』だけでなく、ピクサーアニメーション作品も充実しています。

【TSUTAYA TV】ではこんなピクサー作品も動画配信されています。

・『トイストーリー』(1995年)
・『バグズライフ』(1998年)
・『トイストーリー2』(1999年)
・『モンスターズ・インク』(2001年)
・『ファインディング・ニモ』(2003年)
・『Mr.インクレディブル』(2004年)
・『カーズ』(2006年)
・『レミーのおいしいレストラン』(2007年)
・『ウォーリー』(2008年)-TV配信のみ
・『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009年)
・『トイストーリー3』(2010年)
・『カーズ2』(2011年)
・『メリダとおそろしの森』(2012年)
・『モンスターズ・ユニバーシティ』(2013年)
・『インサイドヘッド』(2015年)
・『アーロと少年』(2016年)
・『ファインディング・ドリー』(2016年)
・『カーズ/クロスロード』(2017年)
・『リメンバー・ミー』(2018年)

 

ちなみにキャンペーン後の【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の月額料金ですが。。。

 

【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】は他の動画配信サービスと比べて 月額2,417円(税抜)とちょっと高め。

ただし、これは「動画見放題 & 定額レンタル8」コースの値段です。

 

月額DVDレンタルを使わなければ、動画配信サービスのみに切り替えることで月額933円(税抜)にすることができます。

 

新作や人気作品は月額とは別に追加料金がかかりますが、実質レンタルビデオとの価格差はほとんどなく、最新作をすぐに見たい時にいつでもすぐ見れますので、 レンタルショップに行って借りるより早くて便利

 

また、月毎に最新作にも使える1,080円分の無料ポイントが付与されます。

たくさん動画を見る方なら、サービス利用料はタダとも考えられますね。

 

もちろん必要ないと思えば解約も全然OK。簡単に解約できます。そのためのお試しキャンペーンですので、遠慮はいりません。

 

「ツタヤにあるほぼ全作品」といわれる豊富なラインナップをご自宅で視聴することができるオンラインサービス。

まだの方はこの機会にお試ししてみてはいかがですか?


 

 

日本語字幕で観るなら【U-NEXT】で!

動画配信サービス【U-NEXT】でも、ピクサー作品を多数配信中!

「モンスターズ・インク」も、日本語字幕・吹き替えともに配信中です。

 

⇒【U-NEXT】31日間無料トライアルはこちらをクリック!!

 

そんな【U-NEXT】でも、只今無料お試しキャンペーン実施中!

いま【U-NEXT】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく2つの特典がプレゼントされます。

 

その特典とは、

特典1:31日間無料で見放題!(新作などは対象外)
特典2:新作などが視聴可能な600円分の無料ポイント

。。。というもの。

 

「モンスターズ・インク」は、324円(税込み)~で配信中。

日本語字幕で「モンスターズ・インク」を観るなら【U-NEXT】がおすすめです。

 

 

以上、『モンスターズインク動画吹き替えあり 映画をフルで無料視聴!』。。。でした。

 

⇒「モンスターズ・インク」を無料でみる

 

 

本ページの情報は2018年8月時点のものとなります。

最新の情報は【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】【U-NEXT】の 公式サイトにてご確認下さい。

 

 

映画「モンスターズ・インク」の感想(ネタバレ注意)

 

映画「モンスターズ・インク」の面白い所は、子どもがモンスターを怖がることの半面、モンスター達にとって人間の子どもはとても恐ろしいものだと思っていることです。

また、モンスター達は世界中の子どもの部屋へ通じるドアをいっぱい持っており、ドアを通じてモンスターが子どもを脅かして子ども達の悲鳴をエネルギーに変える場面はユニークに感じました。

また、モンスターと子どもたちの世界観がすばらしいです。

SFのように不思議なテクノロジーで、ドアを通じて時空を超えて繋がる2つの世界にいけるのが評価として大きな印象を与えました。

また、個性のあるキャラクター達の設定がわかりやすく親しみやすいものになりました。

モンスターたちが暮らす世界は街並みなどの背景もすごく丁寧に作られています。

ストーリーもテンポよくなかなか上手くできているのがわかります。

また感動する場面も多くあって、ブーとサリーの別れと再会では涙がこぼれるような感じになりました。

ただひとつだけ苦言を述べるとすると、人間はリアルよりになってしまってかわいくないですね。

この時期(年代)のアニメーション作品全体にいえることですが…

しかしマイク・サリー・ブーを中心とした物語は、子供から大人までたのしめ本当に素敵でした。

ただ、子供と大人ではおそらく面白いと思えるポイントは少し違ってきそうです。

そう考えると一見子供向けで、シンプルな作品のようですが、細部までしっかり作り込まれた奥深い作品だと言っていいと思います。

 

 

「モンスターズ・インク」は、2001年に公開されたディズニーとピクサー製作の長編アニメーション映画です。
美しいグラフィックと、可愛らしく不思議なキャラクター、愛情深い主人公であるサリーとどこか冷静で憎めないマイクが人気です。

ストーリーが非常によく出来ており、子供から大人まで幅広く楽しむことが出来ると、評価は非常に高くなっています。

「モンスターズ・インク」関連のグッズもとても人気があり、今でも根強いファンがいる程です。

興行収入は日本だけでも93億円以上、全世界では635億円程となっており、その人気の高さがうかがえますね。
人気がある点としては、一度見たら忘れられないキャラクターと、感動的でスピード感あふれるストーリーにあります。

コミカルな動きをするキャラクターが可愛らしく、更に奥の深いストーリーに見終わった後の安心感も感じることが出来ます

何度みてもハラハラドキドキしますし、アクションシーンも楽しめる名作と言って良いのではないでしょうか。

また吹き替えでは、マイクを爆笑問題の田中さん、サリーをホンジャマカの石塚さんが担当していて、キャラクターにぴったりでした。

マイクのユーモアがあってツッコミ上手さ、サリーの気は優しくて力持ちの感じがとても伝わってきました。

また、軽快なジャズでノスタルジックな音楽がいいアクセントになっていましたが、モンスターには不似合いかとおもいましたがとても大好きです。

今までディズニーのアニメはちょっと敬遠気味だったのですが、ピクサーのものは大人でも安心してみれると聞き挑戦しました。

大人でもハマる要素がある面白い映画でした。

 

 

登場するキャラクターが全て個性的で可愛いモンスターズ・インクですが、ストーリーの内容も世界観があり子供の悲鳴が怪物の世界のエネルギーになるという内容はなかなか発想のできないもので、サリーを怖がらないブーの登場もまた可愛らしく面白いです。

次第にブーに愛着が沸いてきたサリーですが、住む世界が違うため少女を元の世界へ返さなければならず、最後の別れのシーンはこれまでの面白い内容とは一変して感動の場面になり涙流さずには見れません。

なんといってもブーの子供らしい仕草や話し方がリアルに表現されていて本当に可愛いです。

さすがディズニーと言わんばかりのわかりやすいストーリーの進みで、1度と言わず何度も見たくなり子供だけではなく大人も一緒に楽しめる笑いあり感動ありの映画です。

ストーリー・キャスト・キャラクターのどれもが素晴らしくレベルが高いものになり、主役の声優もお笑い芸人ながら演技力が高くキャラクターとマッチしていて完成度が高いです!

あと普段、「洋画はぜったい字幕」という方でも、今作ばかりは吹替版にも挑戦していただきたい。

日本人であれば、吹替のほうがこの作品の世界をより楽しめるんじゃないかと思います。

全編にニヤリとさせられるパロディを散りばめ、怖がらせることをビジネスとするモンスター達の企業で表現するシニカルな実社会への風刺、そして練りに練られたプロットなど大人を笑わせながらも、子供を楽しませるエンターテイメントぶりはさすがの一言。

 

 

「モンスターズ・インク」はピクサー制作のディズニー映画です。

この「モンスターズ・インク」の世界設定は少々変わっており、モンスターたちは子どもたちを怖がらせる仕事をしていて、それが世界のエネルギーのようになっています。

子供でもわかりやすい設定ですが、映画のメッセージは大人をも感心させるもので、さすがディズニー映画だと評判を呼び、映画は世界中で大ヒットしました。

批評家の評判も絶賛が相次ぎ、「モンスターズ・インク」とその前に公開された「トイストーリー」はアニメは子供が見るものという常識を打ち破り、大人の鑑賞にも耐えられる映画として、私の認識をあらためるきっかけになりました。

そして、アメリカ映画の最大の栄誉であるアカデミー賞のアニメーション部門を獲得し、この年でもっとも優れたアニメーションだったと記憶しております。。

物語は1作目で終わらず、のちに「モンスターズ・ユニバーシティ」という続編も制作され、こちらも大ヒット。

さらなる続編の情報も出回っており、21世紀のディズニー・ピクサーを代表する作品のひとつだとおもいます。
この作品が公開されてからも、数々のアニメーションが発表されていますが、シンプルで愛嬌のあるこの作品のマイクやサリーがうちの子供のお気に入り。

タイミング的なものあるのとおもいますが、ピクサー作品は時間がたってもいろいろな所で出会うことができるので、たのしいですね。

ちなみに大人の私も「シュレック」や「ニモ」よりマイクやサリーがお気に入りです。

田中裕二さんや石塚英彦さんといった芸人さんが担当した吹き替え版の出来もばっちりでした。

 

 

 

⇒「モンスターズ・インク」を無料でみる