衣替え・虫干しの基本のやり方と注意点

ぽかぽかと気温も上がり過ごしやすくなりましたね。
五月晴れが気持ちいい季節です。

この季節にやっておきたいのはなんといっても衣替え
梅雨が来る前にぜひ済ませておきたいものです。

といっても怠け者の管理人は
毎年ついつい忘れがちになってしまいます。
職場はそれほど厳しくなく、日付も決まってはいないので
その日の天候や気象状況にあわせて変えるようにしていればいいのですが…

制服のある学校や職場の方
6月1日と10月1日あたりが衣替えの日
一応決まっていたりするみたいですね。

たしかに学生の頃は決まっていた気がします。

衣替えをすると気持ちも一新して清々しいのはもちろんですが
何より部屋が片付くのでぜひやっておきたいとおもいます。

今日は自分への戒めもかねて
衣替えをするときに注意しておきたいことをまとめてみました。

衣替えのやり方と注意点

以外!?衣替えの長い歴史

実は衣替え意外と歴史は古く
平安時代の宮中行事として始まりました。

歴史のある“行事”だったんですね~。

鎌倉時代になると4月1日と10月1日に日にちを決め
装束や調度品など身の回りの品すべてを取り替えて
いたらしいです。

江戸時代は幕府が衣替えについて
季節によって細かい決まりを作っていたりと、

四季のある日本にとっては
昔から大事な行事だったようですよ。

ちなみに今の日付に落ち着いたのは明治時代からということです。

衣服を収納する前に…

衣服を収納する前には洗濯と虫干しをしておきましょう。

洗濯

一度袖を通した衣服は必ず洗濯をしておきましょう。

黄ばみや虫食いの原因に為ることがあります。

虫干し

風通しの良い部屋で収納する前に虫干しします。

晴天がニ、三日続いた湿気の低い晴れた日の
午前10時ごろから午後2時くらいまでのあいだにおこないます。

約2時間ほど風通しの良い部屋にひろげておきます。

劣化や変色をまねくので、直射日光にあてないよう
に気をつけましょう。

収納の基本

衣類を収納する際には、衣類と一緒に空気も入り込みます

湿度の低いカラリと晴れた日を選んで片付けるようにします。

保存方法

湿気は下にいくほど多くなるので
タンスや収納ボックスなどに収納する際は
デリケートな衣類ほど上の段に入れるようにします。

具体的には…
上段-カシミアなどのデリケートな衣類
中段-虫や湿気に弱いウールやポリエステルなどの化学繊維
下段-綿・麻などの洗濯しやすい衣類

防虫剤

衣類上やスミに防虫剤を置いておきます。

この際、除湿剤も一緒にいれておくと
湿気対策もできてベストです。

個人的に、化学薬品系は強すぎて不安なので
天然成分のモノを使うようにしています。

クリーニングの袋から出す

湿気防止の為に、必ず取り外しておいてくださいね。

以上…衣替えのときに注意したいことの覚書でした。
今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

この記事と関連する記事

コメントは受け付けていません。