スターウォーズ8最後のジェダイ 動画をフルで無料視聴!

「スターウォーズ」サーガの第8作目『スターウォーズ/最後のジェダイ』の動画配信がついに開始されますね。

6月には、スピンオフ作品「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」の公開も始まりますので、さらに注目も集まっています。

前作「フォースの覚醒」ではふせられていた新シリーズならではの展開、新旧キャラクターの役割変更などとても楽しめる作品でした。。

 

しかし「あっ、見逃してた!」とか、「新作の前にもう一度作品をチェックしておきたい」。。。と動画で探している方も多いのではないでしょうか?

。。。できれば無料で・・・-O-;

 

 

ということこで、今回は『スターウォーズ/最後のジェダイ』の動画をフルで無料視聴できるサービスを紹介します。

さらにスターウォーズシリーズ一挙配信中!

字幕・吹き替えともにそろっていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

「スターウォーズ/最後のジェダイ」の動画を無料でみるなら…

ツタヤが運営する動画配信サービス【TSUTAYA TV】の無料おためしキャンペーンがおすすめ!

映画「スターウォーズ」シリーズが一挙配信中です。

 

⇒【ツタヤ】30日間無料トライアルはこちらをクリック!

 

 

【TSUTAYA TV】ではただいま無料お試しキャンペーンを実施中!

いま【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく3つの特典がプレゼントされます。

 

その特典とは、

・30日間無料で動画が見放題!(新作などは対象外)
・新作・人気作が視聴可能な1,080円分の無料ポイント
・CD/DVDレンタルも無料!(最新作は対象外・8枚/月)

。。。というもの。

 

映画「スターウォーズ/最後のジェダイ」は人気作品ですので、視聴するのに432円(税込み)~のレンタル料金が必要です。

しかし特典でプレゼントされる1080円分の無料ポイントを利用することにより、「スターウォーズ/最後のジェダイ」も実質無料で視聴できます。

 

 

【TSUTAYA TV】ではその他「スターウォーズ」を一挙動画配信中!

-【TSUTAYA TV】で配信されている「スターウォーズ」シリーズ-

・『スターウォーズ:エピソード4/新たなる希望』(1977)
・『スターウォーズ:エピソード5/帝国の逆襲』(1980)
・『スターウォーズ:エピソード6/ジェダイの帰還』(1983)

・『スターウォーズ:エピソード1/ファントム・メナス』(1999)
・『スターウォーズ:エピソード2/クローンの攻撃』(2002)
・『スターウォーズ:エピソード3/シスの復讐』(2005)

・『スターウォーズ/フォースの覚醒』(2015)
・『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)
※日本語字幕・吹き替えともに配信中!!

動画レンタル料金は、1作品につき324円~432円(税込み)からとなります。

また、スターウォーズシリーズの生みの親、ジョージ・ルーカス監督が原案・製作総指揮をつとめたCGアニメ「スターウォーズ:クローン・ウォーズ」や、エピソード3と4の間のストーリー「スター・ウォーズ:反逆者たち」も好評配信中です。

 

U-NEXTでも配信中!

動画配信サービス【U-NEXT】でも、「スターウォーズ」シリーズを一挙配信中です。

しかし、フルでポイント視聴できるのは1作品のみになります。

 

⇒【U-NEXT】31日間無料トライアルはこちらをクリック!!

 

【U-NEXT】でも、ただいま無料お試しキャンペーンを実施中!

いま【U-NEXT】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく2つの特典がプレゼントされます。

その特典とは、

特典1:31日間無料で見放題!(新作などは対象外)
特典2:新作などが視聴可能な600円分の無料ポイント

。。。というもの。

 

「スターウォーズ」シリーズは1作品につき\378~\432で配信中です。

 

 

 

以上、『スターウォーズ8最後のジェダイ 動画をフルで無料視聴!』。。。でした。

 

⇒「最後のジェダイ」を無料でみる

 

 

 

本ページの情報は2018年8月時点のものとなります。

最新の情報は【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】【U-NEXT】の サイトにてご確認下さい。

 

 

 

あらすじ・キャスト

「スター・ウォーズ」の10年ぶりの新作として大ヒットを記録した「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に続くシリーズ作品で、伝説のジェダイの騎士ルーク・スカイウォーカーを探し当てた主人公レイがたどる、新たな物語が描かれる。前作で「スター・ウォーズ」の新たな主人公レイに大抜てきされ一躍注目を集めたデイジー・リドリーのほか、ストームトルーパーの脱走兵フィンを演じるジョン・ボイエガ、ダースベイダーを受け継ぐカイロ・レン役のアダム・ドライバー、そしてルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミル、2016年12月に急逝したレイア・オーガナ役のキャリー・フィッシャーらおなじみのキャストが出演。監督・脚本は「BRICK ブリック」「LOOPER ルーパー」などで頭角を現したライアン・ジョンソンが担当した。

出典:映画.com

 

 

スタッフ
監督
ライアン・ジョンソン
製作
キャスリーン・ケネディ
ラム・バーグマン
製作総指揮
J・J・エイブラムス
トム・カーノウスキー
ジェイソン・マクガトリン

キャスト
デイジー・リドリー-レイ
ジョン・ボイエガ-フィン
アダム・ドライバー-カイロ・レン
オスカー・アイザック-ポー・ダメロン
マーク・ハミル-ルーク・スカイウォーカー
キャリー・フィッシャー-レイア・オーガナ
ルピタ・ニョンゴ-マズ・カナタ
アンディ・サーキス-スノーク最高指導者
ドーナル・グリーソン-ハックス将軍
アンソニー・ダニエルズ-C-3PO
グウェンドリン・クリスティー-キャプテン・ファズマ
ケリー・マリー・トラン-ローズ・ティコ

 

 

 

「スターウォーズ/最後のジェダイ」の感想(ネタバレ注意)

 

スターウォーズのシリーズが好きなので観てみました。

「フォースの覚醒」はかなりの時を経てのため、ここからが新シリーズの本領発揮とでもいうべきです。

そのため、とくに旧シリーズのファンなどにとっては賛否ある作品となっていると思いました。

今作品では、フォース自体の自由度が今までよりかなりあがっていることで、今までに観たことがない表現をされています。

その事で、あっと驚くシーンなどもあって新鮮なのですが、思い入れが強い人ほど受け入れがたかったりするんだと思います。

私的には新しい時代のシリーズなので、これはこれで楽しいのですけど…

また最近の作品はコメディーのタッチがディズニーっぽくなっているような印象がですが、これもまた現代風ということでしょうかね。

前作からの続きということで、期待度が上がりきっているところで、j.j.エイブラムスから監督がライアン・ジョンソンにかわって肩透かし感は多少かんじますが、続きも観てしまうんでしょうね^^

2年に1度のお楽しみ。

またスピンオフの第2弾も公開されるとあって、毎年のイベントになっているというのもこのシリーズの愛されるところというところでしょう。

若い頃の「ハン・ソロ」も楽しみです。

そういえばこれで、ハン・ソロとレイアの物語も終わってしまいますね。

 

 

「スターウォーズ/最後のジェダイ」みました。

物語の要素がかなり多くて、正直わたしの頭が追いついて行きません。

ただ前のシリーズなどを観てみても、おそらくこの処理が間に合わない感じと、続きがどうしても気になるこの作りが、スターウォーズ感とでもいうのでしょうか。

リアルタイムで追いかけている感じがして、この作品ならではという感じがします。

オールドファンが待ち焦がれたルーク・スカイウォーカーの登場や、レイア姫の活躍。

ツッコミどころ満載ではあるのですが、どうしても憎めません。

ルークの「君の名は。」展開や、レイアのプリンセス天功感(^^)などなどファンを楽しませてくれます。

意外にライアン・ジョンソン監督は日本好きなんじゃないの^^

ストーリーは、小気味の良いコミカルさとほどよいシリアスさを兼ねそなえていると思います。

フィンとローズのシークエンスはすこしもたつきを感じますけどね。

複数回繰り返させる新事実展開も、ここまで繰り返されると鳥肌モノです。

そしてクライマックスのルークのカッコよさに号泣。

あとこのシリーズには今まであまりなかったスローモーション演出もなかなか盛り上がりました。

さらにハードルがあがった続きがさらに楽しみです。

 

 

強大なフォースにほんろうされるレイとベン(カイロ・レン)の人生。

光と闇の対立の間にある人間ドラマに激しい戦闘機戦やおなじみのライトセーバーバトルなど胸が熱くなる展開。

今回はかなり突っ込みどころがある部分もありますが、エピソード9にここどうつながるのか、やはり楽しみになります。

かなりの時をへて実現したルークとレイアのツーショット、これが見納めとなるかと思うと涙があふれてきます。

エンドロールのクレジットでも感動させられますが、私にとっても「姫」といえばやはり「レイア姫」。

最終的にレイア姫が物語のなかでどう取り扱われているかという部分をみても、製作陣の彼女への敬意を感じられさらに涙。

テーマ的には「ローグ・ワン」につづき、けっこうシリアスによっていたけれど、シリーズ2作目ということで、ありといえばあり。

「フォースの覚醒」が新旧をつなぐことが目的でファンサービスにあふれていたものだったのに対し、フォーズの光と闇を踏まえつつも、旧シリーズのキャラクターたちとの決別を意識したつくりになっているようでした。
まわりは新たな展開に向かいつつも、レイとカイロ・レンという2人の主人公の物語は丁寧に描かれていて、やはり楽しめます。

 

 

「スターウォーズ/最後のジェダイ」を鑑賞しました。

前作「フォースの覚醒」の同窓会的雰囲気から一転、新しいスターウォーズを垣間見せてくれる希望に満ちた映画でした。

前作では中途半端に思えたキャラクターの設定でしたが、ちゃんとキャラが立ちはじめ、ストーリーのひねりもエンタメ作品として楽しめました。

映画として中だるみてきな部分はあるのですが、ラストへむけての怒涛の新展開はとても楽しくて、個人的に大好きな作品となりました。

たしかに今までのシリーズが良いという意見はすごくわかります。

しかし、これからの新しいスターウォーズサーガも純粋に楽しみたくなりました。

ライト層にも受け入れられるエンターテイメント作品としては、あまり旧シリーズにこだわる必要もないのではと思いました。

例のごとく賛否はわかれるとおもいますが、これが新しいスターウォーズなんだ^^

今後の展開としては、レイは天才肌で感情の起伏もはげしいので、ダークサイドに落ちる可能性は高いと思ったのと、レンはなんやかんやで逆にダークサイドから戻って来そう。。。

キャプテン・ファズマほどではないけれど、フィンとポー・ダメロンがなんだか影が薄かったので、新作ではもっと活躍してほしいです。

続編も楽しみです。

 

 

 

 

⇒「最後のジェダイ」を無料でみる