サマーウォーズ 動画をフルで無料視聴!細田守監督作まとめて…

細田守監督の最新作「未来のミライ」が2018年7月20日から公開になりますね。

2015年の「バケモノの子」から3年、待ちに待った新作です。

『サマーウォーズ』以来の山下達郎さんのテーマ曲(「ミライのテーマ」)。

過去の細田作品にも通づるようなキャラがたくさん出てくる予告にもぴったりハマっていますね

 

そんな最新作「未来のミライ」のまえに、前作までの細田守監督をチェックしておきたいと、「サマーウォーズ」の動画を探している方もおおいのではないでしょうか?

 

。。。できれば無料で・・・-O-;

 

そこで今回は、映画「サマーウォーズ」の動画をフルで無料視聴できる方法を紹介します。

 

「サマーウォーズ」だけでなく、その他細田守監督のオリジナル長編作品もまとめてチェックできますよ^^

 

 

映画「サマーウォーズ」の動画をフルで無料視聴するなら…

レンタルCD・DVDで有名なツタヤさんが運営する動画配信サービス【TSUTAYA TV】の無料おためしキャンペーンがおすすめです!

 

⇒【ツタヤ】30日間無料トライアルはこちらをクリック!

 

 

そんな【TSUTAYA TV】では、只今無料お試しキャンペーン実施中!

いま【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく3つの特典がプレゼントされます。

 

その特典とは、

・30日間無料で動画が見放題!(新作などは対象外)
・新作・人気作が視聴可能な1,080円分の無料ポイント
・CD/DVDレンタルも無料!(最新作は対象外・8枚/月)

。。。というもの。

 

映画「サマーウォーズ」は人気作品ですので、視聴するには432円~(税込み)のレンタル料金が必要です。

しかし、特典でもらえる1,080円分の無料ポイントを利用することで、「サマーウォーズ」も実質無料で視聴できます。

さらに、残ったポイントや無料で利用できる宅配DVDレンタルもつかって、TSUTAYAの豊富なコンテンツをたくさん視聴できますよ^^

 

 

【TSUTAYA TV】で動画配信されている細田守監督長編アニメーション作品

「ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島」(2005年)-309円(税込み)~
「時をかける少女」(2006年)-432円(税込み)~
・「サマーウォーズ」(2009年 )-432円(税込み)~
「おおかみこどもの雨と雪」(2012年 )-432円(税込み)~
「バケモノの子」(2015年 )-432円(税込み)~

 

また映画「サマーウォーズ」にも通づる世界観で話題となった短編作品

「劇場版デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!」(2000年)-411円(税込み)~

も配信中です。

 

ちなみにキャンペーン後の【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の月額料金ですが。。。

 

【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】は他の動画配信サービスと比べて 月額2,417円(税抜)とちょっと高め。

ただし、これは「動画見放題 & 定額レンタル8」コースの値段です。

 

月額DVDレンタルを使わなければ、動画配信サービスのみに切り替えることで月額933円(税抜)にすることができます。

 

新作や人気作品は月額とは別に追加料金がかかりますが、実質レンタルビデオとの価格差はほとんどなく、最新作をすぐに見たい時にいつでもすぐ見れますので、 レンタルショップに行って借りるより早くて便利

 

また、月毎に最新作にも使える1,080円分の無料ポイントが付与されます。

たくさん動画を見る方なら、サービス利用料はタダとも考えられますね。

 

もちろん必要ないと思えば解約も全然OK。簡単に解約できます。そのためのお試しキャンペーンですので、遠慮はいりません。

 

「ツタヤにあるほぼ全作品」といわれる豊富なラインナップをご自宅で視聴することができるオンラインサービス。

まだの方はこの機会にお試ししてみてはいかがですか?

 

U-NEXTでも配信中

動画配信サービス【U-NEXT】でも、「サマーウォーズ」をはじめ細田守監督作品を配信中です。

【U-NEXT】で動画配信されている細田守監督長編アニメーション作品

「時をかける少女」(2006年)-432円(税込み)~
・「サマーウォーズ」(2009年 )-432円(税込み)~
「おおかみこどもの雨と雪」(2012年 )-432円(税込み)~
「バケモノの子」(2015年 )-432円(税込み)~

しかし、フルでポイント視聴出来るのは1作品のみになります。

 

⇒【U-NEXT】31日間無料トライアルはこちらをクリック!!

 

 

そんな【U-NEXT】では、只今無料お試しキャンペーン実施中!

いま【U-NEXT】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく2つの特典がプレゼントされます。

 

その特典とは、

特典1:31日間無料で見放題!(新作などは対象外)
特典2:新作などが視聴可能な600円分の無料ポイント

。。。というもの。

上記作品が1作無料で視聴できます。

 

 

以上、「サマーウォーズ 動画をフルで無料視聴!細田守監督作まとめて…」。。。でした。

 

 

⇒「サマーウォーズ」を無料でみる

 

 

本ページの情報は2018年5月時点のものとなります。

最新の情報は【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の サイトにてご確認下さい。

 

 

 

 

映画「サマーウォーズ」のあらすじ・キャスト、評価・感想(ネタバレ注意)

「時をかける少女」「おおかみこどもの雨と雪」などの細田守監督のオジリナル長編アニメ

高校生の小磯健二は、あこがれの先輩である夏希から「婚約者のふりをしてほしい」というバイトを頼まれ夏希の実家へ。

 

しかしその翌日、インターネット上の仮想世界であるOZ(オズ)がクラックされ、現実世界も大混乱。

そんな中、OZを乗取ったのは、夏希の叔父である侘助が開発した人工知能「ラブマシーン」だということが発覚する。

 

健二は、夏希の親戚一同と協力し「ラブマシーン」に立ち向かうことを決断するのだった。

 

 

小磯 健二(こいそ けんじ)-神木隆之介
篠原 夏希(しのはら なつき)-桜庭ななみ
池沢 佳主馬(いけざわ かずま)-谷村美月
陣内 侘助(じんのうち わびすけ)-斎藤歩
陣内 栄(じんのうち さかえ)-富司純子
佐久間 敬(さくま たかし)-横川貴大
陣内 万助(じんのうち まんすけ)-永井一郎
陣内 万作(じんのうち まんさく)-中村正

 

 

 

バーチャルの世界が確立され、それによって世の中が便利になっているというのは現代社会そのものを風潮している設定です。

しかしその裏では、ちょっとしたシステムの誤作動や他者の介入であっという間に世界の秩序が乱れてしまいます。

「たかがゲームの世界」と軽く考えているようなことが、人を命の危険にさらしたりすることもあるのです。

そういったネット社会の良い所も悪い所も描いているのが細田守監督作品の「サマーウォーズ」です。

設定が現代的ということもあって見る側が感情移入しやすくなります。

実際に悪質なシステムによって秩序が乱されたネット社会をなんとか立て直そうと奮闘する1家が物語の中心となりますが、それを解決させたのは技術だけではありません。

人々の思い出であったり人脈などの、人が古くから大切にしてきたものも解決には必要不可欠なものだったのです。

こういった人のあたたかさも感じることができる感動のストーリーなので、若者から年配の人まで多くの人が楽しむことができる作品となっています。

とくにバーチャル世界OZの世界観が独特で、とても見ごたえがありました。

細田監督らしさがいっぱい詰まった作品で、同監督の「デジモンアドベンチャー」を観たことがある方だと、より楽しむことができる作品となっています。

 

 

映画「サマーウォーズ」は今でも根強く人気のあるアニメ映画です。

その評価としてはやはりとにかく展開や演出が飽きさせない、いわゆるジェットコースターのような勢いのある映画だというものが非常に多くなっています。

確かに映像も含めてそのスピード感は他の映画にはなかなか無いもので、一気に映画の世界観の中に引きこんでくるものとなっているのは間違いないでしょう。

しかし一方で細かい点を気にしてしまうとなかなか作品の世界観に馴染めないということになりかねません。

演出面でのサイバー世界内の表現には素晴らしいものがありますが矛盾点や気になる点も多く、細やかに設定がされているというわけではないので細部にこだわる方には向かないかもしれません。

ただやはり台詞回しも含めてこの作品の魅せる力、というものは非常に強く大きいものだと言えます。

何も考えずにすっきりしたい、という方にはとても向いている映画ではあるでしょう。

夏休みに家族で見るのにもちょうど良い作品です。

とくに私は、毎年夏のはじめに金曜ロードショーでこの作品が放送されるたびに、「今年の夏が来たー」とおもうタイプです^^

今の時代に本当に起こってもおかしくないような設定にどきどきします。

 

 

映画「サマーウォーズ」は面白いという人が多いという事はいえるかもしれません。

特にストーリーが独特で都会のパソコンオタクの少年が田舎に連れられて行って、それまで経験したことが無いような体験をしていくというところが面白おかしく描かれている所が見ていて楽しいと感じられるところでしょう。

パソコンに詳しいという事以外は普通の都会暮らしの少年が、田舎のさまざまな事に触れて大人になっていくという感じもよいとおもいます。

パソコンの中というデジタルの究極の世界と田舎暮らしというアナログの究極のような世界が上手く対比されていて、これが上手く表現されているというように感じる理由なのかもしれません。

現実に見える世界とデジタルの中でおきる世界とが同時進行で起きていて、これがストーリーに緊迫感を持たせるような事にもなっていてます。

若者が強い意志を持つようにもなる不思議なところもあって、しっかりとメリハリがついているのも高評価の理由と考えられます。

私は、12歳のころにこの作品をはじめてみたのですが、映画ってこんなにも楽しいものなのかと敬服。

小学生のころは映画館に映画を観に行くなんてそれほどなかったけれど、この映画をキッカケに映画をみるという行為そのものが好きになりました。

 

 

サマーウォーズは高い評価を集める日本アニメの一つです。

細田守が監督を務めた作品であり、田舎を舞台にしつつも最新のテクノロジーと近未来的な世界観で描かれるSFチックなバトルが魅力となっています。

架空のSNSやバーチャル世界、そして意思を持つAIなどが登場し、田舎の家族が一丸をなってAIの反乱によって引き起こされたパニックに挑む、感動長編映画です。

国内外で高い評価を集めており、いわゆるジブリ映画以外は大ヒットは難しいと言われたアニメ映画の分野では良い意味で例外的な作品となりました。

シナリオのリアリティとオリジナルが高い世界観、くわえて作画の品質の高さが特に評価されています。

家族愛やパニック状態の人間ドラマ、そして小物や設定が徹底的に現実的です。

登場人物のキャラクターが実にリアルに描かれているのもサマーウォーズの特徴であり、良い意味でアニメキャラらしさがありません。

単純な勧善懲悪の話ではなく、人間の裏表や田舎特有の文化、複雑に絡み合う人間の感情なども描かれており、大人の鑑賞にも耐えられる高品質アニメだとおもいます。

手に汗握る展開で、盛り上がるツボをしっかりおさえている作品で、夏になるとみたくなる作品。

 

 

細田守監督の初めての長編オリジナル作品で2009年8月1日の公開から4か月で観客動員数123万人を越えるヒット作となったサマーウォーズは、長野県上田市を舞台とした近未来のインターネット・ネットワークの世界が描かれています。

俳優の神木隆之介さんが声優をつとめる主人公の高校2年生小磯健二が3年生の先輩篠原夏希(声:桜庭ななみ)にバイトと称して実家に誘われ、親族が一堂に集まる夏希のおばあちゃんの誕生会に参加し、健二の携帯電話に送られてきた謎の暗号メールを解読したことからインターネット上の仮想世界OZが乗っ取られてしまうというという事件が起き、日本中が大混乱になるというストーリーです。

OZのデザインに現代美術家の村上隆氏の影響が見られ、多くのファンをうならせました。

BR-Discの売り上げは初登場5.4万枚で週間ランキング1位、当時のアニメ作品歴代1位でした。

シッチェス・カタロニア国際映画祭アニメーション部門最優秀長編作品賞、星雲賞メディア部門を獲得し、国内外で高い評価を得ています。

個人的には、細田監督と男性の趣味はあうけれど、女性の趣味はあわないなと…

あわせて親戚同士の仲がよくない関係性のひとは、あまり共感できない設定かもしれません。

 

 

映画『サマーウォーズ』は2009年に劇場公開された細田守監督の作品です。

バーチャル空間などの最先端技術と田舎の生活が入り混じった、青春ドラマが描かれています。

主人公の小磯健二は少し内気な性格の17歳。

しかし、彼には数学オリンピックの日本代表まで後一歩というほどの優秀な一面も持っていました。

憧れの先輩から「親戚の前でフィアンセを演じる」バイトを持ちかけられて、彼女の故郷に向かうことになります。ある日の夜、彼のもとに謎の暗号が書かれたメールが届きます。

彼は数学のクイズだと勘違いをして、ほとんどを解き進めてしまうことに。

この暗号は電脳仮想世界「OZ」の管理者権限のパスワードだったのです。

あくる日、OZのアバターが乗っ取られ、世界中を巻き込んだトラブルに発展していました。ニュースでは健二が容疑者として取り上げられ、高校生のお尋ね者となります。ただ、周りの人たちは彼を信じ、少しずつ取り戻していくのです。最後は世界中の人たちの力を借りて、ピンチを脱するスピード感溢れる展開も魅力です。

すでに夏といえばという感じの作品と言えるまで、有名な作品となっていますね。

わたしもこんな人たちに囲まれて生活したい。

青春と友情、そして近未来。

すごくテンションが高まる映画です。

こんな夏の日に帰りたい。

山下達郎さんのテーマ曲もステキです。

 

⇒「サマーウォーズ」を無料でみる

 

 

 

この記事と関連する記事