バケモノの子 動画フル無料視聴!細田守映画まとめて…

2018年7月20日(金)から公開となる細田守監督の新作アニメーション映画「未来のミライ」

待望の新作ですね。

そんな最新作「未来のミライ」のまえに、前作までの細田守監督をチェックしておきたいと、「バケモノの子」の動画を探している方もおおいのではないでしょうか?

。。。できれば無料で・・・-O-;

 

 

そこで今回は、映画「バケモノの子」のフル動画を無料で視聴できる方法を紹介します。

 

「バケモノの子」だけでなく、その他細田守監督のオリジナル長編作品もまとめてチェックできますよ^^

 

 

映画「バケモノの子」の動画フルを無料でみるなら…

レンタルCD・DVDで有名なツタヤさんが運営する動画配信サービス【TSUTAYA TV】の無料おためしキャンペーンがおすすめです!

 

⇒【ツタヤ】30日間無料トライアルはこちらをクリック!

 

そんな【TSUTAYA TV】では、只今無料お試しキャンペーン実施中!

いま【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく3つの特典がプレゼントされます。

 

その特典とは、

・30日間無料で動画が見放題!(新作などは対象外)
・新作・人気作が視聴可能な1,080円分の無料ポイント
・CD/DVDレンタルも無料!(最新作は対象外・8枚/月)

。。。というもの。

 

映画「バケモノの子」は人気作品ですので、視聴するには432円~(税込み)のレンタル料金が必要です。

しかし、特典でもらえる1,080円分の無料ポイントを利用することで、「バケモノの子」も実質無料で視聴できます。

さらに、残ったポイントや無料で利用できる宅配DVDレンタルもつかって、TSUTAYAの豊富なコンテンツをたくさん視聴できますよ^^

 

 

【TSUTAYA TV】で動画配信されている細田守監督長編アニメーション作品

「ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島」(2005年)-309円(税込み)~
「時をかける少女」(2006年)-432円(税込み)~
・「サマーウォーズ」(2009年 )-432円(税込み)~
「おおかみこどもの雨と雪」(2012年 )-432円(税込み)~
「バケモノの子」(2015年 )-432円(税込み)~

 

また映画「サマーウォーズ」にも通づる世界観で話題となった短編作品

「劇場版デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!」(2000年)-411円(税込み)~

も配信中です。

 

ちなみにキャンペーン後の【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の月額料金ですが。。。

 

【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】は他の動画配信サービスと比べて 月額2,417円(税抜)とちょっと高め。

ただし、これは「動画見放題 & 定額レンタル8」コースの値段です。

 

月額DVDレンタルを使わなければ、動画配信サービスのみに切り替えることで月額933円(税抜)にすることができます。

 

新作や人気作品は月額とは別に追加料金がかかりますが、実質レンタルビデオとの価格差はほとんどなく、最新作をすぐに見たい時にいつでもすぐ見れますので、 レンタルショップに行って借りるより早くて便利

 

また、月毎に最新作にも使える1,080円分の無料ポイントが付与されます。

たくさん動画を見る方なら、サービス利用料はタダとも考えられますね。

 

もちろん必要ないと思えば解約も全然OK。簡単に解約できます。そのためのお試しキャンペーンですので、遠慮はいりません。

 

「ツタヤにあるほぼ全作品」といわれる豊富なラインナップをご自宅で視聴することができるオンラインサービス。

まだの方はこの機会にお試ししてみてはいかがですか?

 

 

 

U-NEXTでも配信中

動画配信サービス【U-NEXT】でも、「バケモノの子」をはじめ細田守監督作品を配信中です。

 

【U-NEXT】で動画配信されている細田守監督長編アニメーション作品

「時をかける少女」(2006年)-432円(税込み)~
・「サマーウォーズ」(2009年 )-432円(税込み)~
「おおかみこどもの雨と雪」(2012年 )-432円(税込み)~
「バケモノの子」(2015年 )-432円(税込み)~

しかし、フルでポイント視聴出来るのは1作品のみになります。

 

⇒【U-NEXT】31日間無料トライアルはこちらをクリック!!

 

そんな【U-NEXT】では、只今無料お試しキャンペーン実施中!

いま【U-NEXT】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく2つの特典がプレゼントされます。

 

その特典とは、

特典1:31日間無料で見放題!(新作などは対象外)
特典2:新作などが視聴可能な600円分の無料ポイント

。。。というもの。

上記作品が1作無料で視聴できます。

 

 

 

以上、「バケモノの子 動画フル無料視聴!細田守映画まとめて…」。。。でした。

 

 

⇒「バケモノの子」を無料でみる

 

 

 

本ページの情報は2018年8月時点のものとなります。

最新の情報は【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の サイトにてご確認下さい。

 

 

 

映画「バケモノの子」のあらすじ・キャスト、評価・感想(ネタバレ注意)

家族をなくした9歳の蓮は渋谷の街をさまよい、熊徹というクマのバケモノと出会い、「渋天街」というバケモノが棲む世界に迷い込んでしまう。

熊徹の弟子として格闘術や剣術の修行をする蓮は、いつしか17歳になっていたが、ふとしたきっかけで人間の世界で女子高生の楓と出会い、生き別れになっていた父親と再会する。

一方熊徹は、バケモノたちをたばねる「宗師」の座を賭け猪王山と戦い、倒すのだが…

 

 

役所広司-熊徹
宮崎あおい-九太(少年期)
染谷将太-九太(青年期)
広瀬すず-楓
山路和弘-猪王山
宮野真守-一郎彦(青年期)
山口勝平-二郎丸(青年期)
長塚圭史-九太の父
麻生久美子-九太の母
黒木華-一郎彦(少年期)
諸星すみれ-チコ
大野百花-二郎丸(少年期)
津川雅彦-宗師
リリー・フランキー-百秋坊
大泉洋-多々良

 

 

 

人間がいる世界とは別に、バケモノが暮らしている世界があり、本来は二つの世界は交わることがないのだけど一人ぼっちの少年が化け物の世界に紛れ込んで、そこで孤独に暮らしているバケモノと出会って、冒険が始まっていく.

バケモノの子の評価は、全体的に面白いといった意見が多いのですが、映画という短い時間に収めるには少々もったいなかったというのが評価になっています。

人間の少年がバケモノの熊徹に弟子入りをして冒険をしながら成長していく姿には、物語に引き込まれていきますし、人間界とバケモノ界という二つの世界が作り出す雰囲気は素晴らしいものです。

二人の心の交流や絆を感じることができ、少年が大人に成長していく姿を描いています。

映画の後半は少し早足になってしまった感があるのがもったいないと思った人も多かったようです。

総合的な評判は平均以上に面白く、愛情や絆を感じることができ、感動する作品になっているといえるでしょう。

個人的に、細田監督の前作がよかったので期待を高めてみたのですが、もう少し若い頃に鑑賞していたたら、もっと沢山のものが受け取れていただろうなぁと感じるような内容でした。

キャラクターに個性もあり、画面に描かれた街並みや背景はすごくよかったです。

 

 

「バケモノの子」は、細田守監督が自ら脚本も手掛けた長編オリジナルアニメ映画です。

アジアの雰囲気を思わせるファンタジーと現実の世界を舞台に親子の絆を描いた作品で、子供だけでなく大人も楽しめるストーリーになっています。

ストーリーはもちろん、色彩や構図にもこだわっている作品でアニメファンだけでなく映画ファンにも高い定評がある作品です。

2015年7月の公開からわずか2ヶ月足らずで観客動員数は400万人を突破し、累計興行収入は51億円を超えていました。

高い完成度が認められた同映画は、第63回サン・セバスティアン国際映画祭にも出品されています。

主人公の少年の成長や周りの大人たちの様子が、観ている人の胸を打つ作品です。

宣伝だけでは想像つかないような結末が待っており、映画の最後まで楽しむことができるでしょう。

もう一度観たいと思うだけでなく、細田守監督の次に手がける作品に対しても期待させられてしまうような作品です。

日本を代表するアニメ映画の一つと言っても過言ではありません。

「人間のもつ心の闇の深さや、それを乗りこえる勇気の大切さ」そんなストレートなテーマ性がわかりやすくて好感がもてます。

人として大切なことを訴えかけてくれるような細田守監督らしい作品だと思います。

 

 

アニメ映画については海外からも高い評価を受けている日本ですが、今回取り上げる「バケモノの子」もメイドインジャパンの映画として多くの方に支持されている映画と言えるでしょう。

「バケモノの子」は、「時をかける少女」などの作品でも知れている細田守監督の作品となります。

今回はネタバレになるためストーリーには触れませんが、この映画をみた評判などを紹介してみようと思います。

最初に結論からになってしまいますが、この映画を見た多くの方の感想や評価は全体的には高い傾向があります。

「主人公の成長の様子に感情移入できるため、あっという間に時間が過ぎてしまった」「映像の美しさはさすが細田守監督という感じです」「ストーリーがとにかくしっかりしており、泣かせる場面などもしっかり用意されている映画になっています」などの声も確認することが出来ます。

ちなみに、主人公の声を務めるのは、宮崎あおい(幼少期)さんと染谷将太(青年期)さんです。

一部には声優さんに特定のイメージが確立されている方を起用すると、その人の持つ印象にひっぱられてしまいマイナスになってしまうという意見があります。

今作品では、広瀬すずさんや染谷さん、宮崎あおいさんなどは、それぞれ本人が見えてしまって気になりました。

逆に役所広司さんやリリー・フランキーさんなどは、最初は誰かわからなくて深みのある演技が流石だと感じられました。

 

 

「バケモノの子」は、「時をかける少女」や「おおかみ子どもの雨と雪」でアニメーション映画の監督として、確固たる地位を築いた細田守監督が手掛けた作品です。
アニメーション映画は、子どもを対象とされたものが多いなか、このバケモノの子は大人も楽しむことができる映画となっているため家族で鑑賞するのにうってつけな作品だと思います。

主人公が、育ての親である熊徹(くまてつ)を超えていく姿は、親であれば身につまされる思いになるでしょう。

また、主人公の苦境にも負けず自分自身の手で生き抜いていく姿は、大人が説明しなくとも子ども達も感じることができる作品となっています。

映画の内容自体はさほど難しくないのですが、就学前のお子さんだと理解できない内容が多いかもしれません。
逆に、小学校以上の子どもであれば、主人公の年齢が同じくらいなので作品も見やすいでしょう。

恋愛的要素も少し組み込まれているので、恋人同士で見ることもおすすめです。

個人的な感想としては、過去の3作品とくらべると、私はあまりハマりませんでした。

楓がすこしヒロインらしくなく残念でした。

九太と熊徹に自らの父親との関係をかさねあわせたとテレビで、監督が語っているのを聞いて納得しました。

 

 

みなさんは映画「バケモノの子」をご覧になりましたか。

「バケモノの子」は、スタジオ地図制作の日本のアニメーション映画です。

「時をかける少女」、「サマーウォーズ」、「おおかみこどもの雨と雪」に続く第4作目の細田守監督による長編オリジナル作品として公開当時大きな話題を集めたため、ご存知の方も多いことでしょう。

そんな「バケモノの子」は、架空のバケモノたちの世界にある都市渋天街を舞台に親子の絆を描いた物語です。
その美しい描写や心温まるストーリーは多くの人の支持を集め大ヒットを記録しました。

その評価は海外にも及んでおり、スペインで2015年9月に開催された第63回サン・セバスティアン国際映画祭でアニメーション映画で初となるコンペティション部門に選出されたという快挙はニュースなどで多くの人が目にしたことでしょう。

残念ながら受賞にはいたりませんでしたが、映画としての完成度の高さはその事実からも証明されています。

私は正直、細田守作品とあってグッとハードルを高くしてしまった感が強く、その分すこし物足りなく感じました。

世界観がいまいちつかめなかったというのもあります。
現実世界のパートは、素晴らしいクオリティに仕上がっていたのですが、バケモノたちのいる異世界は、どこかで観たことのあるようなモノが寄せ集まっている印象。

そのあたりが少し残念ではありました。

 

 

映画『バケモノの子』の評価は、人によって大きく差があります。

基本的にこの手の作品は総じて高評価になることが多いのですが、近い時期に発表された『おおかみこどもの雨と雪』での描写と同じように賛否両論ある状態です。

ただ、作品としての質は非常に高く、ヒューマンドラマからファンタジー、バトル要素までをカバーしています。キャラクターデザインも秀逸で、老若男女問わず好感を得られるものになっている辺りも評価が高い要素です。

内容自体は比較的難しいテーマといえますが、人の死や「命」というものを取り上げているのでいろいろと考えさせられます。

また、「人間が抱える闇」という部分にも触れていて、少々子供には理解できない部分も含まれていることが話題に挙がったこともありました。

しかし、全体的なテーマとして、人の成長についてフォーカスを当てていること、ネガティブなことに打ち勝つ強さを視聴者に訴求できることからも、「子供に見せたい映画」の一つになっています。

ともすると「千と千尋の神隠し」っぽいとも取れるような独特な世界観と、リアルな東京の景色が織りまざっていて観ているだけで楽しく、一瞬で引き込まれました。
途中から豚のキャラが、リリー・フランキーさんにしか見えなくなってくる点が面白かったです。

 

 

 

⇒「バケモノの子」を無料でみる