ウォーターワールド映画 動画を無料視聴!USJのまえに…

2018年6月1日(金)、ユニバーサルスタジオジャパンの「ウォーターワールド」がリニューアルされオープンしますね。

 

当サイト管理人は、リニューアル前のUSJのアトラクションを体験したことがないので、今度行くときは必ず鑑賞しようと思います

 

その前に。。。「ウォーターワールド」の映画をチェックしたくてと動画を探しました。

ずいぶん前に観たおぼえがあるんですが、内容はすっかり忘れていましたので…^^

 

ということで、今回は映画「ウォーターワールド」の動画を無料でフル視聴できるサービスをご紹介します。

いまのところ吹き替えはなく、字幕のみとなります。

 

映画「ウォーターワールド」の動画を無料でみるなら…

レンタルCD・DVDで有名なツタヤさんが運営する動画配信サービス【TSUTAYA TV】の無料おためしキャンペーンがおすすめです!

 

⇒【ツタヤ】30日間無料トライアルはこちらをクリック!

 

そんな【TSUTAYA TV】では、只今無料お試しキャンペーン実施中!

いま【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく3つの特典がプレゼントされます。

その特典とは、

・30日間無料で動画が見放題!(新作などは対象外)
・新作・人気作が視聴可能な1,080円分の無料ポイント
・CD/DVDレンタルも無料!(最新作は対象外・8枚/月)

。。。というもの。

 

現在、映画「ウォーターワールド」は見放題配信されていますので、ポイント利用しなくても無料で視聴できますよ。

残ったポイントで、その他の映画作品もたくさん楽しんじゃってくださいね。

 

ちなみにキャンペーン後の【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の月額料金ですが。。。

 

【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】は他の動画配信サービスと比べて 月額2,417円(税抜)とちょっと高め。

ただし、これは「動画見放題 & 定額レンタル8」コースの値段です。

 

月額DVDレンタルを使わなければ、動画配信サービスのみに切り替えることで月額933円(税抜)にすることができます。

 

新作や人気作品は月額とは別に追加料金がかかりますが、実質レンタルビデオとの価格差はほとんどなく、最新作をすぐに見たい時にいつでもすぐ見れますので、 レンタルショップに行って借りるより早くて便利

 

また、月毎に最新作にも使える1,080円分の無料ポイントが付与されます。

たくさん動画を見る方なら、サービス利用料はタダとも考えられますね。

 

もちろん必要ないと思えば解約も全然OK。簡単に解約できます。そのためのお試しキャンペーンですので、遠慮はいりません。

 

「ツタヤにあるほぼ全作品」といわれる豊富なラインナップをご自宅で視聴することができるオンラインサービス。

まだの方はこの機会にお試ししてみてはいかがですか?

 

 

 

以上、「ウォーターワールド映画 動画を無料視聴!USJのまえに…」。。。でした。

 

 

⇒映画「ウォーターワールド」を無料でみる

 

 

 

本ページの情報は2018年5月時点のものとなります。

最新の情報は【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の サイトにてご確認下さい。

 

 

 

映画「ウォーターワールド」のあらすじ・キャスト、評価・感想(ネタバレ注意)

温暖化に耐えられず陸のない水の惑星「ウォーターワールド」へと変貌をとげた未来の地球。

わずかに残った人類は水没した都市の残骸で浮遊都市を作り生活していた。

ある日、船で海を旅しながら生活していたミュータントのマリナーは、伝説の陸地・ドライランドの地図を身体に描かれている女性ヘレンと少女エノーラに出会う。

ヘレンはマリナーに、ドライランドへ連れて行って欲しいと頼むが、そんな彼らの船にはドライランド発見を目論むディーコン率いる海賊集団・スモーカーが迫っていた…

 

ケビン・コスナー -マリナー
デニス・ホッパー -ディーコン
ジーン・トリプルホーン -ヘレン
ティナ・マジョリーノ -エノーラ
マイケル・ジェッター -グレゴール
ジェラルド・マーフィ -ノード
R・D・コール -保安官

 

 

1995年に公開されたアメリカの映画「ウォーターワールド」は、ケヴィン・コスナー主演のSF作品。

壮大なストーリーとリアルな映像が、公開当初から大きな話題を呼びました。

この映画を鑑賞した人の口コミには、主演俳優ケヴィン・コスナーの演技を高く評価する声が目立ちます。

また壮大なストーリーをドラマチックに盛り上げる音楽の素晴らしさに、注目した人も多いようです。

この映画の舞台は、環境破壊によって温暖化が進み陸地が消えてしまったはるか未来の地球です。

わずかに残った人類は、海の底に沈んだ都市の残骸によって浮遊都市を築き、そこに暮らしています。

今ある文明が消え去った後の地球という、独特の世界観に引き込まれた、と口コミをしている人も多くいました。

この映画の見所として、大海原でのアクションシーンや主人公の魅力、そして予想を超えるストーリー展開が挙げられます。

SF映画およびアクション映画として、多くのファンに親しまれている作品です。

少し映像が古くなったので、現在の技術でリメイクするととても面白くなりそうな題材だと思いました。

「パイレーツオブカリビアン」よりこっちを観たい。

ストーリー的にもすこし凡庸ですが、海底に沈んだ都市の哀れさが心に残る忘れられない映画です。

 

 

映画「ウォーターワールド」はご存知しょうか。

ウォーターワールドの舞台は未来の地球です。

人間が招いた温暖化が進行することで、北極と南極の氷が溶けて海面が上昇し、人間は水上での生活を余儀なくされました。

映画をみた方は、この独特の世界観に知らず知らずのうちに引き込まれていくのではないでしょうか。

映画ウォーターワールドの評価は概ね好評と言ってよいでしょう。

「主演を務めるケビン・コスナーの演技がとにかくすごい」「マッドマックスの海洋バージョンであると感じた」「脚本がとにかく細部まで練られており、ストーリー展開がテンポよく飽きることがない」などはこの映画をみた方の評価の一部です。

日本での公開は1995年の映画ですが、今見返してみてもまったくふるさを感じるようなことはないはずです。

映画自体は136分ですが、あっという間に時間が過ぎてしまうと思います。

スカッとするアクション映画をお探しの方には特におすすめです。

「ミュータントが来た」「スモーカーだ」とか、毎回見せ場の前には誰かが叫んで教えてくれるので何も考えずに、ド派手なアクションシーンをひたすら楽しむことができます。

この作品を観てから、USJのショーを観ると、ユニバのショーはけっこう忠実に作られていることに驚きます。

 

 

「ウォーターワールド」は1995年に制作されたハリウッド映画です。

本作の評価は残念ながら一般的にはよくありません。

制作費1億7500万ドルという莫大な費用を投じて作られた超大作であるにもかかわらず、そのコストに見合った興行収入が得られなかったためです。

音響部門でアカデミー賞を獲得している一方で最低映画作品を決めるゴールデンラズベリー賞にも複数部門でノミネートされました。

しかしその一方で本作の地球温暖化によって陸地が水没し、人口の浮遊島で生活する人類という世界観の魅力を高く評価する人もおり、ウォーターワールドはユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクションにも採用されています。

また20年以上の月日が経過してしまったために現在の視聴者からは正当な評価がされませんが、最先端の技術を投入して撮影された本作の映像的な迫力は当時としては驚異的なものでした。

これを総合的に評価するとウォーターワールドは「期待せずに見れば意外と面白い映画」だといえるでしょう。

世界観も大ヒットした「マッドマックス 怒りのデス・ロード」似ているので、ジョージ・ミラー監督あたりが撮り直してくれるとスゴイ映画が生まれそうです。

ケビン・コスナーはこの頃が絶頂期だったかも…

 

 

1995に話題になった映画「ウォーターワールド」。

ケビン・コスナー主演で、海だけになってしまった地球の物語です。

海を舞台にしたアクションは莫大な製作費を掛けただけあり、アメリカ仕込みのスケールの大きいものでした。
高い評価を付けているのはやはりケビン・コスナーファンでしょう。

この作品では、水の中でも生きられるミュータントと言う役柄でした。

海の中を自由に泳ぐ姿はとてもカッコ良く、まさに水も滴る良い男と言った感じです。

アクションはかなり迫力があるため、アクション好きな男性からの評価も上々です。

今となってはB級感覚の人もいるようですが、ケビン・コスナーをはじめ、今は亡きデニス・ホッパー、ジーン・トリプルホーン、ティナ・マジョリーのなど脇を固める俳優陣の存在感は作品を十分楽しませてくれます。

温暖化で氷河が溶け、海だけになった地球と言う舞台に惹かれる人が多いようです。

一度は見ておいて損はない作品だと思います。

ケヴィン・コスナーというだけでノスタルジーを感じてしまう世代になってしまったのは悲しいけれど、この時代のアクションは手作り感もあってどうしても嫌いになれないです。

前はテレビのロードショーでよくやっていましたが、最近まったくみないですね。

時間的にちょっと長いのかもしれません。

 

 

 

⇒映画「ウォーターワールド」を無料でみる

 

 

この記事と関連する記事