祇園祭 山鉾巡行と宵山など2013年の日程と見所

京都の夏の風物詩、祇園祭の見どころはなんといっても
山鉾巡行(やまほこじゅんこう)とその前日3日間の宵山(よいやま)ではないでしょうか?

祇園祭は、八坂神社の祭礼で7月1日~31日までの長いお祭りです。

その中でも目玉である山鉾巡行は、毎年7月17日にとり行われます。
今年は水曜日に当たりますね。

駒形提灯で彩られた山鉾や、「コンチキチン」の祇園囃子(ぎおんばやし)が堪能できる
山鉾巡行の前夜祭にあたる宵山は、7月14日(日)~7月16日(火)に行われます。
(本来の宵山は16日です、15日は宵々山、14日は宵々々山と呼ばれているようです)

関連記事:祇園祭 山鉾のご利益一覧

しかし、山鉾だけが見どころではありません。
今日は、祇園祭の日程や見どころにを中心にご紹介します。

京都・祇園祭のご案内

祇園祭は1100年以上の歴史と伝統を誇るお祭りで
日本三大祭のひとつに数えられています。
京都だけではなく、日本を代表するお祭りといえます。

昔京都の町に疫病が流行した際、当時の国の数であった66本のをたて
疫病を鎮める神である牛頭天王(ごずてんのう)を祀る祇園社(現・八坂神社)で
祭礼を行ったのがはじまりといわれています。

お祭りは八坂神社を中心に約一ヶ月間続きます。
よって祇園祭に関わる行事は数多くまた見学不可のものも含みます。

 

祇園祭の見どころ

祇園祭の見どころは宵山・山鉾・祇園囃子など数おおく
それらすべてが見どころなのはもちろんですが…

お祭りの主役は、お神輿です。
いわば山鉾巡行はこの神輿渡御(みこしとぎょ)のためのお清めのために行われ
山鉾巡行後、7月17日の夕方からはじまる神幸祭(しんこうさい)と
7月24日の還幸祭(かんこうさい)がメインのイベントといえます。

中でも17日の神幸祭/八坂神社の三社揃い踏み
を当ブログお勧めの見どころとさせていただきます。

出発前に八坂神社の西門前に集まった三つの神輿が
ほいっと!ほいっと!」という掛け声で
それぞれの神輿が高々と担ぎ上げられる差し上げ
時計回りに回転させる差し回しに注目!
したいのですが…人混みのため見るのはなかなか困難かもしれません。
一度見てみたいものですね~(_ _。)・・・シュン

本日も最後までご覧頂きありがとうございます。
それでは。

 

 

この記事と関連する記事

コメントは受け付けていません。